HOMELAND/ホームランド シーズン2 vol.4
Homeland

真実は闇に葬られ、新たな脅威が始まる…。

FOX2012年度作品 /  

キャスト&スタッフ

キャリー・マティソン…クレア・デインズ(岡 寛恵)
ニコラス・ブロディ…ダミアン・ルイス(郷田ほづみ)
ソール・ベレンソン…マンディ・パティンキン(小川真司)
ジェシカ・ブロディ…モリーナ・バッカリン(大坂史子)

製作総指揮:ハワード・ゴードン/アレックス・ガンサ

●字幕翻訳:小野郁子 ●吹替翻訳:大川直美/宮川桜子

ストーリー

■第7話「暗礁」
ゲティスバーグでの敵の奇襲攻撃にキャリーたちチームは激しく動揺していた。ロイヤが接触した男の身元を探るため、ソールは刑務所の独房に収容されているアイリーンに面会する。ブロディ一家は、ウォルデンの後援者である退役軍人のヘニングの自宅に招かれる。真の英雄でありブロディに期待を寄せるヘニングを前にして、ブロディは複雑な思いに駆られる。一方、自動車事故の事で思い悩むデイナは、フィンと言い争いしているところを二人の母親に見つかり、すべてを打ち明けるのだが……。

■第8話「彼方へ」
デイナを傷つけ、家族との関係がどんどん崩壊していくブロディは、すべてを嘘で塗り固められた自分に嫌気がさし混乱状態に陥ってしまう。ロイヤに手を引くと告げて行方をくらましたブロディをキャリーは追いかけ説得し、二人の関係はさらに深いものとなっていく。警察に出頭できなかったデイナは、マイクに頼んで被害者の女性宅を訪れるが、ショッキングな事実を知らされる。正気を取り戻したブロディは、ロイヤに再び協力を申し出るが、彼女に盗聴器を気づかれ、どこかに連れ去られてしまう。

ポイント

●TVシリーズの歴史でこれほどクオリティが高く、なおかつ視聴者を釘付けにしたドラマがあっただろうか!
批評家から絶賛され、各賞を総ナメした本年の最高の話題作、早くもシーズン2が登場!
●主演二人の演技はまさにゴールデングローブ賞W受賞に値する素晴らしさ!! 観る者を画面から放さなくなる迫力。
●ストーリーはさらに濃密になり、そしてテンポよい展開で、ますます眠れない。
・緊迫感ある追跡劇や、爆破シーンなどよりアクション色が強くなってくる。
・新キャスト ピーター・クインの登場により、「24」のように、ストーリーは何が起こるか先が読めない展開になっていく。
・お互いを傷つけながらも、惹かれ合う二人の愛情のドラマがより濃密になってくる。
・ブロディの家族のドラマからも目が離せない。
 *妻のジェシカと親友マイクの不倫の行方。
 *デイナが新しいボーイフレンドと事件に巻き込まれる。

収録特典

105分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント