HOMELAND/ホームランド vol.3
Homeland

彼女だけが追う真実――。 彼は“脅威(テロリスト)”か“英雄(ヒーロー)”か?

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

キャリー・マティソン…クレア・デインズ(岡 寛恵)
ニコラス・ブロディ…ダミアン・ルイス(郷田ほづみ)
ソール・ベレンソン…マンディ・パティンキン(小川真司)
ジェシカ・ブロディ…モリーナ・バッカリン(大坂史子)

製作総指揮:ハワード・ゴードン/アレックス・ガンサ

●字幕翻訳:仙野陽子 ●吹替翻訳:大川直美/宮川桜子

ストーリー

■第5話「死角」
アフガニスタンのアルカイダの基地からブロディが救出された際に、1人だけ生き残っていたテロリスト、ハミドの身柄が確保される。CIA副長官エスティースは部下キャリーと、その恩師であるソールに尋問させることに。ブロディを立ち会わせて反応を見ることになるが、ブロディがスパイだという疑いに固執するキャリーは猛反対する。尋問では、かつて自分に残酷な拷問を行ったハミドに怒りをあらわにするブロディ。最終的に、キャリーらはハミドから仲間の名前とメールアドレスを聞き出すが……。

■第6話「誠実な兵士」
拘束中のハミドが自殺する一方、CIAはテロリストのハミドの情報により割り出した容疑者のひとり、大学助教授ファイサルを取り逃がしてしまう。キャリーはハミドに凶器となるカミソリを渡したのは内部の犯行だと主張し、直接会ったCIA職員全員と個別に面会したブロディのポリグラフ検査を上司エスティースに認めさせる。CIAは逃亡中のファイサルが白人女性と同居していたことを突き止める中、ブロディはイラクで共に捕虜となり殺されたトム・ウォーカー伍長の追悼式典に出席する。

ポイント

●『24』の製作陣が再び仕掛ける衝撃作。緊迫感溢れる心理戦に全米釘付け!!
●ゴールデン・グローブ賞2年連続作品賞受賞。USのTVアワード各賞を圧巻した今年No.1 の話題作。
●ここまで描いてよいのか!? タブーに切り込むセンセーショナルな超大型サスペンス!

収録特典

105分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『ラスベガス』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント