HOMELAND/ホームランド vol.2
Homeland

彼女だけが追う真実――。 彼は“脅威(テロリスト)”か“英雄(ヒーロー)”か?

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

キャリー・マティソン…クレア・デインズ(岡 寛恵)
ニコラス・ブロディ…ダミアン・ルイス(郷田ほづみ)
ソール・ベレンソン…マンディ・パティンキン(小川真司)
ジェシカ・ブロディ…モリーナ・バッカリン(大坂史子)

製作総指揮:ハワード・ゴードン/アレックス・ガンサ

●字幕翻訳:仙野陽子 ●吹替翻訳:宮川桜子

ストーリー

■第3話「罪なき者の声」
ブロディは家族と一緒にテレビ局の取材を受けることを承諾し、過酷な捕虜体験を語り始める。だが、ティーンエイジャーの長女デイナは母親ジェシカと父親の元同僚マイクの恋愛関係に気付いており、反抗的な態度をとるなど家庭内に不協和音が生じる。一方、大物のテロリスト、ナジールの情報にCIAは一斉に動き出す中、キャリーは情報提供者リンが盗み出した皇太子の携帯データを分析にかける。だが、テロリストと結びつく証拠は見つからず、リンの身に刻々と危険が迫っていた。

■第4話「常に忠誠を」
テレビ局のインタビューが好評だったブロディは、何かがふっきれたかのように軍に復帰する。家庭では妻ジェシカとマイクの関係に気付いたかのような態度を取りつつ、相変わらずスパイ容疑を払拭しきれない不審な行動も続いていた。副大統領の顧問ゲインズはブロディを政治に利用するため、キャリーの上司であるCIA副長官エスティースに近づく。一方、キャリーはソールの仮説に基づき、サウジアラビア皇太子のテロリストへの資金供与の方法として高級宝石の売買の線を追う。

ポイント

●『24』の製作陣が再び仕掛ける衝撃作。緊迫感溢れる心理戦に全米釘付け!!
●ゴールデン・グローブ賞2年連続作品賞受賞。USのTVアワード各賞を圧巻した今年No.1 の話題作。
●ここまで描いてよいのか!? タブーに切り込むセンセーショナルな超大型サスペンス!

収録特典

99分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『AMERICAN HORROR STORY(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント