HOMELAND/ホームランド vol.1
Homeland

彼女だけが追う真実――。 彼は“脅威(テロリスト)”か“英雄(ヒーロー)”か?

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

キャリー・マティソン…クレア・デインズ(岡 寛恵)
ニコラス・ブロディ…ダミアン・ルイス(郷田ほづみ)
ソール・ベレンソン…マンディ・パティンキン(小川真司)
ジェシカ・ブロディ…モリーナ・バッカリン(大坂史子)

製作総指揮:ハワード・ゴードン/アレックス・ガンサ

●字幕翻訳:仙野陽子 ●吹替翻訳:宮川桜子/大川直美

ストーリー

■第1話「英雄の帰還」
CIAの女性エージェント、キャリー・マティソンはイラクでの任務遂行中に“米軍人捕虜がアルカイダに寝返った”との情報を得る。その後、イラク赴任中に8年間消息不明だったため死亡したと思われていた米海兵隊のニコラス・ブロディ軍曹が、米軍によってアフガニスタンのアルカイダの基地から奇跡的に救出される。英雄として帰還したブロディこそ、アルカイダのテロ計画に関与しているスパイだと疑うキャリーは、恩師ソールに協力をあおぎ独自の調査を開始する。

■第2話「トラウマ」
帰国後もアルカイダの捕虜時代に受けた拷問や、独房に監禁されていた過酷な体験がフラッシュバックするブロディ。双極性障害(躁うつ病)で薬を服用しながらブロディの日常を監視するキャリーは、彼の不可思議な行動やアラビア語での寝言にひっかかる。一方、軍の上層部はブロディを戦争の英雄として広告塔にするべく、早期の再入隊を促す。時を同じくしてサウジアラビア皇太子の愛人でキャリーの情報提供者リンから、7年ぶりに悪名高いテロリスト、アブ・ナジールの情報を得る。

ポイント

●『24』の製作陣が再び仕掛ける衝撃作。緊迫感溢れる心理戦に全米釘付け!!
●ゴールデン・グローブ賞2年連続作品賞受賞。USのTVアワード各賞を圧巻した今年No.1 の話題作。
●ここまで描いてよいのか!? タブーに切り込むセンセーショナルな超大型サスペンス!

収録特典

107分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『TOUCH/タッチ』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント