ザ・ユニット 米軍極秘部隊 ファイナル・シーズン vol.6
Unit, The

最後のターゲットは“ユニット”だった――

FOX2008-2009年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョナス・ブレイン…デニス・ヘイスバート(福田信昭)
ボブ・ブラウン…スコット・フォーリー(置鮎龍太郎)
マック・ゲルハルト…マックス・マーティーニ(加藤亮夫)
トム・ライアン大佐…ロバート・パトリック(佐々木勝彦)

製作総指揮:ショーン・ライアン

●字幕翻訳:西田有里/伊藤美和子 ●吹替翻訳:久保喜昭/桜井裕子

ストーリー

■第11話「愚か者の戦場」
某国でクーデターが勃発。前回の作戦に同行したメッツ副次官を連れて、ジョナスたちは大統領の救出に向かう。当初は深刻な事態ではないと思われたが、現場は反勢力の猛攻撃を受けていた。その頃、休暇中のチャールズはエアロダイン社のオフィスでモリーと共にいた。そこに1人の女性が修理して欲しいと、年代ものの航空機の部品を持って現れる。一方、我が子に会えず不安定なキムを元気づけるために、ティフィーは彼女をビーチに連れ出そうとしていた。

■第12話「ギャンブル」
マカオのカジノホテル。死んだと思われていたCIAエージェントのカーンから、中国に寝返ろうとしているスパイのベリコフ奪還を指示されるジョナスたち。彼らは、その任務遂行の見返りとして、ブリジットの復職を要求。半ば強引にカーンに条件を飲ませたチームはベリコフに接触し、中国のラオ将軍が開くポーカーの席に潜入する。一方、キムはライアン大佐から、身柄を拘束されていたアイザックを自白させるように依頼される。

ポイント

●大統領襲撃テロが発生! いったい敵は誰なのか――
“ユニット”史上最も危険なファイナル・ミッションが始まる!
●ついに“ユニット”がテロリストの標的に!
家族までも大きな陰謀に飲みこまれていく――
●女性隊員ブリジットが加入!
女性ならではの武器を駆使して危険なミッションに挑む!
●「24 -TWENTY FOUR-」のパーマー大統領役のデニス・ヘイスバート、『ターミネーター2』のロバート・パトリック出演!

収録特典

90分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント