ザ・ユニット 米軍極秘部隊 ファイナル・シーズン vol.4
Unit, The

最後のターゲットは“ユニット”だった――

FOX2008年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョナス・ブレイン…デニス・ヘイスバート(福田信昭)
ボブ・ブラウン…スコット・フォーリー(置鮎龍太郎)
マック・ゲルハルト…マックス・マーティーニ(加藤亮夫)
トム・ライアン大佐…ロバート・パトリック(佐々木勝彦)

製作総指揮:ショーン・ライアン

●字幕翻訳:西田有里 ●吹替翻訳:久保喜昭

ストーリー

■第7話「生き地獄 前編」
ジョナスの娘、ベッツィーが駐留中のイラクで仲間の兵士たちと共に反抗勢力に誘拐される。早速、救出に向かうチームにライアン大佐も同行。だが、ベッツィーたちが立入権限のないシリアに移送されたことがわかり、作戦は中止になってしまう。その頃、モリーは母親としてテレビでベッツィーの解放を訴えようとするが、軍によって外部との接触を絶たれる。そんな中、現地ではライアン大佐がベッツィーの行方を捜すため、危険な単独行動に出ていた。

■第8話「生き地獄 後編」
ベッツィーの身を案じるモリーはペンタゴンで心理学者のホッブズ博士と会う。人間の心は時空を超えて通じ合うといわれたモリーは、娘のことをひたすら思い祈る。一方、シリアの反抗勢力に監禁されたベッツィーは、救出のためにわざと敵の手に落ちたライアン大佐と共にいた。チームはシリア国内に潜入。テロリストたちが米兵を1時間に1人ずつ処刑すると知らされたジョナスは父親として冷静でいられず、モスクにいた人々を脅して監禁場所を聞き出そうとする。

ポイント

●大統領襲撃テロが発生! いったい敵は誰なのか――
“ユニット”史上最も危険なファイナル・ミッションが始まる!
●ついに“ユニット”がテロリストの標的に!
家族までも大きな陰謀に飲みこまれていく――
●女性隊員ブリジットが加入!
女性ならではの武器を駆使して危険なミッションに挑む!
●「24 -TWENTY FOUR-」のパーマー大統領役のデニス・ヘイスバート、『ターミネーター2』のロバート・パトリック出演!

収録特典

89分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント