ザ・ユニット 米軍極秘部隊 ファイナル・シーズン vol.3
Unit, The

最後のターゲットは“ユニット”だった――

FOX2008年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョナス・ブレイン…デニス・ヘイスバート(福田信昭)
ボブ・ブラウン…スコット・フォーリー(置鮎龍太郎)
マック・ゲルハルト…マックス・マーティーニ(加藤亮夫)
トム・ライアン大佐…ロバート・パトリック(佐々木勝彦)

製作総指揮:ショーン・ライアン

●字幕翻訳:西田有里/伊藤美和子 ●吹替翻訳:久保喜昭/桜井裕子

ストーリー

■第5話「人質」
上層部からの命令で、ユニットの妻たちがエリオット・ギラムという男の身辺調査をすることに。ジョナスたちは反対するが、妻たちは使命に燃える。一方、ハイジャック機事件後、フォート・グリフィス基地内の病院に入院していたロカ博士が大量破壊兵器の製造に関与し、博士の家族がメキシコでテロリストに監視されているとつかんだライアン大佐。家族を無事に連れて来れば情報を明らかにするという博士の要求に応じて、チームをメキシコに向かわせる。

■第6話「完璧な容疑者」
ボストンのテッド・ウィリアムズ・トンネルに爆弾を仕掛けた容疑で拘束された留学生カリード。ボブとブリジットが揺さぶりをかけるが、自分は無関係だと言い張る。一方、モリーはギラムの妻スーザンと会計士のアイザックが口論しているところを目撃。不審を抱いた彼女は、アイザック家のベビーシッターとして働くキムに協力させ、二人の間を探る。その頃、ティフィーとライアン大佐の不倫を知って以来、嫉妬と怒りに駆られていたマックは遂にティフィーに詰め寄る。

ポイント

●大統領襲撃テロが発生! いったい敵は誰なのか――
“ユニット”史上最も危険なファイナル・ミッションが始まる!
●ついに“ユニット”がテロリストの標的に!
家族までも大きな陰謀に飲みこまれていく――
●女性隊員ブリジットが加入!
女性ならではの武器を駆使して危険なミッションに挑む!
●「24 -TWENTY FOUR-」のパーマー大統領役のデニス・ヘイスバート、『ターミネーター2』のロバート・パトリック出演!

収録特典

89分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント