ザ・ユニット 米軍極秘部隊 シーズン3 vol.4
Unit, The

ミッション再開!

“ユニット”の逆襲が始まる!

FOX2007年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョナス・ブレイン…デニス・ヘイスバート(福田信昭)
ボブ・ブラウン…スコット・フォーリー(置鮎龍太郎)
マック・ゲルハルト…マックス・マーティーニ(加藤亮夫)
トム・ライアン大佐…ロバート・パトリック(佐々木勝彦)

製作総指揮:ショーン・ライアン

●字幕翻訳:伊藤美和子 ●吹替翻訳:久保喜昭

ストーリー

■第7話「ノー・エスケープ」
レバノン・ベイルートで監禁・拉致されていたジャーナリストの救出に向かったジョナスたち。身柄を確保したものの、脱出の際にチャールズが撃たれてしまい、救援ヘリも敵に撃ち落され、脱出不可能。ジョナスたちは民家に逃げ込み、チャールズの応急処置をするが、出血が止まらず悪化の一途。その頃、基地ではバ―で働き始めたティフィーのもとをモリーとキムが訪ね、バー勤めをするティフィーを責め、辞めるべきだと意見する……。

■第8話「コード16」
レバノン・ベイルート。脱出の際にヘクターが敵の銃弾を浴びてしまう。ジョナスはジャーナリストから敵のリーダーのアジトを聞き出し、本部にいるライアン大佐の指令も聞かず、単身でリーダーの捕獲に向かう。一方、ボブたちはキプロスにある米軍の前進基地に身を寄せる。さらにボブはライアンから記者会見を控えるジャーナリストに、「今回の救出作戦には米軍の介入はなかった」と発表させるよう、説得しろと命令されるが……。

ポイント

●シーズン2のラストでバラバラになってしまった“ユニット” のメンバー。
CIAと手を組んだボブは、逃走したジョナスを追い詰めていく!
●あるメンバーに襲かかる非情な運命。
あまりにも悲しいドラマが彼らを待ち受ける――
●入隊を希望する娘に、ジョナスが下した決断とは?
悪化してゆくマックとティフィーの関係は?
家族の物語も激動の時を迎える!
●「24 -TWENTY FOUR-」のパーマー大統領役のデニス・ヘイスバート、『ターミネーター2』のロバート・パトリック出演!

収録特典

90分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント