マイノリティ・リポート
Minority Report

トム・クルーズ主演×スティーブン・スピルバーグ監督の近未来SFアクション超大作!

映画の言葉 “自分の未来は自分のもの”

FOX2002年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョン・アンダートン…トム・クルーズ(堀内賢雄/須賀貴匡)
ダニー・ウィットワー…コリン・ファレル(楠 大典)
アガサ…サマンサ・モートン(根谷美智子/水樹奈々)
ラマー・バージェス局長…マックス・フォン・シドー(大木民夫)
ララ…キャサリン・モリス(日野由利加)
エディ・ソロモン医師…ピーター・ストーメア(仲野 裕)

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:スコット・フランク/ジョン・コーエン
製作:ボニー・カーティス/ジェラルド・R・モーレン/ヤン・デ・ボン/ウォルター・F・パークス
原作:フィリップ・K・ディック
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:伊藤美穂

ストーリー

西暦2054年、ワシントンDC。政府は膨大な凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を開発し、大きな成果をあげていた。それは、予知能力者を利用して凶悪犯罪が起こる前に犯人を逮捕してしまうというシステムであった。このシステムのお陰でワシントンDCの犯罪件数は激減、将来的にはアメリカ全土で採用されるべく準備が整えられていた。そんなある日、このシステムを管理する犯罪予防局のチーフ、ジョン・アンダートンが“36時間後に見ず知らずの他人を殺害する”と予知され、告発されてしまう。追う立場が一転して追われる立場になったジョンは、自らの容疑を晴らそうと奔走するのだが、彼は既に大きな陰謀に巻き込まれていたのだった……。

ポイント

●トム・クルーズ×スティーブン・スピルバーグ ハリウッド最強コンビが夢のコラボレーション!
●「ブレードランナー」「トータル・リコール」のフィリップ・K・ディック原作のSF小説短編をスティーブン・スピルバーグ監督がトム・クルーズを主演に迎え映画化!
●2種類の日本語吹替音声収録(各5.1chサラウンド)

収録特典

146分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.英語 5.1ch DTS
3.日本語 5.1chサラウンド
4.日本語5.1chサラウンド(須賀&水樹バージョン)
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント