消されたライセンス<デジタルリマスター・バージョン>
Licence to Kill

007シリーズ第16弾。殺しの許可証を剥奪されたボンドが友の復讐に立ち上がる!

映画の言葉 “追われる時は、1人のほうが安全だ”

MGM1989年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジェームズ・ボンド…ティモシー・ダルトン(大塚芳忠)
フランツ・サンチェス…ロバート・ダヴィ(青山 穣)
パム・ブービエ…キャリー・ローウェル(松谷彼哉)

監督:ジョン・グレン
製作:アルバート・R・ブロッコリ/マイケル・G・ウィルソン
脚本:マイケル・G・ウィルソン/リチャード・メイバウム

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:松崎広幸

ストーリー

ボンドは、親友のライターと麻薬王サンチェスを逮捕。しかし逃走に成功したサンチェエスは、フィリックス・ライターに重傷を負わせ、彼の妻を殺害。怒りに燃えるボンドは任務を離れ、友のために復讐を誓う……!

ポイント

●究極の高画質・高音質で甦ったデジタル・リマスター・バージョン!

収録特典

133分 片面2層 カラー
1.英語 5.1ch DTS
2.英語 5.1chサラウンド
3.英語 ドルビーサラウンド
4.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

●ジョン・グレン監督とキャストによる音声解説
●マイケル・G・ウィルソンと製作スタッフによる音声解説

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント