カジノ・ロワイヤル
Casino Royale (2006)

最初の任務は、自分の愛を殺すこと。

これは若きジェームズ・ボンドが“007”になるまでの物語。

映画の言葉 “ “運”で勝負は決まらない”

MGM2006年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジェームズ・ボンド…ダニエル・クレイグ(小杉十郎太)
ヴェスパー・リンド…エヴァ・グリーン(岡 寛恵)
ル・シッフル…マッツ・ミケルセン(中多和宏)
M…ジュディ・デンチ(此島愛子)

監督:マーティン・キャンベル
原作:イアン・フレミング
脚本:ニール・パーヴィス/ロバート・ウェイド/ポール・ハギス
製作:マイケル・G・ウィルソン/バーバラ・ブロッコリ

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:松崎広幸
●翻訳協力:日本カジノ学会・日本カジノスクール

ストーリー

暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格し、最初の任務で、世界中のテロリストの資金運用をしているル・シッフルの存在を突き止める。高額掛け金のポーカーで資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負するため、モンテネグロに向かうボンドの前に、国家予算である掛け金1,500万ドルの監視役として財務省から送り込まれた美貌の女性ヴェスパー・リンドが現れる……。

ポイント

●新生007シリーズスタート! いま最も人気の高いボンドが大活躍する傑作が誕生!
●6代目ジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグをキャスティングし、遂に新たな伝説が始まった! これまでにない野性的、かつ繊細なボンド像が余すことなく活かされ、熱狂をもって世界中の007ファンに迎えられた記念すべき第一作目。
●イギリスの国家予算をかけて、ボンドが挑む緊迫感漲るカジノでの駆け引き、愛する女性ヴェスパーの出現、そしてアストン・マーティンDB5との初めての出会い。全20作に渡って踏襲されていたシリーズの伝統を大胆に刷新、まさしくこれは“ジェームズ・ボンドが007になる”までの物語だ。
●20世紀FOXからのリリースは“初”となる。

収録特典

145分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

●マーティン・キャンベル監督とマイケル・G・ウィルソン(製作)による音声解説
●製作スタッフによる音声解説
●『007/慰めの報酬』劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント