スターダスト・メモリー
Stardust Memories

ウディ・アレン監督最新作『ミッドナイト・イン・パリ』発売を記念して黄金期の代表作を一挙20タイトルリリース!

映画の言葉 “役に立ちたいなら人を笑わせろ”

MGM1980年度作品 /  

キャスト&スタッフ

サンディ・ベイツ…ウディ・アレン(富山 敬)
ドリー…シャーロット・ランプリング(横尾まり)
イソベル…マリー=クリスティーヌ・バロー(吉田 理保子)
デイジー…ジェシカ・ハーパー(安達 忍)

監督・脚本:ウディ・アレン
製作:ロバート・グリーンハット
撮影:ゴードン・ウィリス
美術監督:メル・ボーン

●字幕翻訳:高瀬鎮夫 ●吹替翻訳:宇津木 道子

ストーリー

ニューヨーク在住の人気映画監督サンディは、新作映画のエンディングに悩んでいた。なのに秘書やメイドは問題を起こし、映画会社は注文が多い。生まれ故郷の映画祭に招待されたので気分転換に出かけていくと、大勢のファンに囲まれて延々サインをねだられ、無名俳優の売込みを受け、チャリティへの参加を要請され続け、彼の心は次第に混乱状態に陥っていく。女性に助けを求めるサンディは、完璧な美女で元彼女のドリー、不倫相手のフランス美女、偶然出会った若いバイオリニストの間で揺れ動き、ついには自分がファンに殺される夢を見る……。
ジャズの名曲をバックに映画と現実と主人公の心象風景や夢が渾然一体となったスタイルはフェリーニの名作『8 1/2』を彷彿とさせ、コメディ作家から一転、シリアスドラマ『インテリア』を作った直後のアレンの心情が正直に吐露される意欲作。イギリスのシャーロット・ランプリング、フランスのマリー=クリスティーヌ・バロー、そして無名時代のシャロン・ストーンと次々に登場する美人女優たちにも注目。

ポイント

●ルイ・アームストロングの「スターダスト」、グレン・ミラーの「ムーンライト・セレナーデ」、ジャンゴ・ラインハルトの「ボディ&ソウル」などムードあふれるジャズの名曲が全編を飾る。
●映画監督サンディの夢の中に出てくる美女の役で無名時代のシャロン・ストーンが出演。
●サンディに群がるファンの中に『栄光のエンブレム』『ショート・サーキット2/がんばれ!ジョニー5』など80年代後半にアイドル的人気を集めるシンシア・ギブ、『ホーム・アローン』『シティ・スリッカーズ』の人気者ダニエル・スターンがいる。
●アレン作品にしては珍しくニューヨークを離れて、ニュージャージー州のオーシャン・グローヴ、アズベリー・パークなどのさびれたビーチリゾートで撮影された。

※日本語吹替音声は、現存するテレビ放送当時のものを収録しております。

収録特典

89分 片面1層 モノクロ
1.英語 モノラル
2.日本語 モノラル
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●オリジナル劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント