バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 SEASON5 vol.6
Burn Notice Season5

ついに黒幕と直接対決――!?
スパイの未来をつかみとれ!

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:田村紀子 ●吹替翻訳:大森久美子/笹部祐三子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第11話「夫婦ゲーム」
PCのデータからマックスとルシアンを殺したのはタヴィアンと判明。サムとジェシーはタヴィアンに金を貸しているルーマニア出身のスティグラーを当たる。マイケルはCIAの捜査に探りを入れようとして、反対にチェシアと呼ばれるロシア人生物兵器開発者とその妻の捕獲を頼まれる。マイケルとフィオナは作戦のため夫婦を装い、ベネズエラのリゾート地、プエルト・ラ・クルスへ。渋々付いてきたフィオナだったがバカンス気分を満喫する。

■第12話「真犯人」
マックスを殺したタヴィアンに対面する寸前、マイケルがピアース捜査官に捕まってしまった。サムとジェシーは必死の覚悟でCIAの車に突っ込み、ピアースを説得。なんとかタヴィアンの待つ場所へマイケルを連れて行く。マイケルの潔白は辛うじて証明されるが、ピアースとの仲はこじれたまま。疲れ切って帰宅したマイケルを待っていたのは彼の宿敵ラリーだった。英国領事館を襲う計画のラリーはマイケルに片棒を担ぐよう、指示する。

ポイント

●ワシントンへ連行されたマイケルは、CIAとともに“組織”を追っていた――。
そして、ついにシリーズ最大の敵であるマイケルを解雇した組織の黒幕が登場。
そこには、さらにマイケルの運命を翻弄する困難が待ち受けていた!!
●マイケルとフィオナの恋愛も大きく進展!
しかし、シリーズ後半では思わぬ事態に!? 二人に幸せな未来はやってくるのか!?
●豪華ゲストスター出演。「メルローズ・プレイス」のグラント・ショーがCIAエージェントとして、UKロックバンド「ブッシュ」のリードボーカル、ギャヴィン・ロスデイルが非道な悪役として登場する。
●全米ではシーズン6が2012年6月よりUSAネットワークで放送開始。

収録特典

87分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『NEW GIRL(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント