バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 SEASON5 vol.5
Burn Notice Season5

ついに黒幕と直接対決――!?
スパイの未来をつかみとれ!

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:田村紀子 ●吹替翻訳:大森久美子/笹部祐三子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第9話「消された男」
爆弾を製造したのは元戦争犯罪者で時計店店主のルシアンだった。マイケルとサムは彼を尋問して依頼主を聞き出そうとする。フィオナはジェシーのサポートで、製薬会社を営む富豪ジェームズ・フォルテの家の警備に当たる。侵入者を捕らえてみると、ジェームズの元共同経営者で科学者のダンだった。彼はジェームズに騙され南米の刑務所に囚われていたが脱獄してきたという。ダンに同情したフィオナらはジェームズへの復讐代行を試みる。

■第10話「密かな戦い」
マイケルとサムはマックスを殺した犯人の居所を訪ねるが、あと一歩で取り逃がす。唯一の手がかりは黒焦げのPC。サムとフィオナはそこからデータを取り出すため、サムの旧友ディクソンを頼る。マイケルは差し迫るCIAの捜査から気を紛らわそうとジェシーをヘルプ。ジェシーは億万長者が所有する会社情報を企業スパイから守っていた。彼を狙う知的犯罪組織にマイケルが近寄り、マデリンが証拠写真を撮るという簡単な作業のはずが……。

ポイント

●ワシントンへ連行されたマイケルは、CIAとともに“組織”を追っていた――。
そして、ついにシリーズ最大の敵であるマイケルを解雇した組織の黒幕が登場。
そこには、さらにマイケルの運命を翻弄する困難が待ち受けていた!!
●マイケルとフィオナの恋愛も大きく進展!
しかし、シリーズ後半では思わぬ事態に!? 二人に幸せな未来はやってくるのか!?
●豪華ゲストスター出演。「メルローズ・プレイス」のグラント・ショーがCIAエージェントとして、UKロックバンド「ブッシュ」のリードボーカル、ギャヴィン・ロスデイルが非道な悪役として登場する。
●全米ではシーズン6が2012年6月よりUSAネットワークで放送開始。

収録特典

89分 片面1層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント