バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 SEASON5 vol.3
Burn Notice Season5

ついに黒幕と直接対決――!?
スパイの未来をつかみとれ!

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:渡部類 ●吹替翻訳:大森久美子/笹部祐三子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第5話「振り出し」
マックスが殺害された。現場は第一発見者のマイケルが疑われるよう、仕組まれていた。マイケルはフィオナ、サム、ジェシーの協力を得て、証拠隠滅とアリバイ作りを工作する。マックスの後釜、ピアース捜査官は早速、マイケルを疑うが、彼女の目をごまかして情報を手に入れるため、マイケルは逆にCIAの捜査チームに参加する。超多忙なマイケルだったが、元アフガン特殊部隊のイーサンの依頼を請けて、彼の妹を襲った人物を探し出す。

■第6話「危険な潜入」
マックス殺害犯に繋がる映像テープを手に入れたマイケル。ところがそこに映っていたのはマデリンも疑うほど、マイケルにそっくりな替え玉だった。タイミングよくマイケルはピアースに呼び出される。盗まれた無人攻撃機を取引するセルビア人犯罪組織を抑えようというのだ。しかし、無人機は既に売られた後。マイケルはセルビア人たちの情報を得るため、麻薬王カルベロの元にサムを潜入させるが、そのせいでサムの身が危険にさらされる。

ポイント

●ワシントンへ連行されたマイケルは、CIAとともに“組織”を追っていた――。
そして、ついにシリーズ最大の敵であるマイケルを解雇した組織の黒幕が登場。
そこには、さらにマイケルの運命を翻弄する困難が待ち受けていた!!
●マイケルとフィオナの恋愛も大きく進展!
しかし、シリーズ後半では思わぬ事態に!? 二人に幸せな未来はやってくるのか!?
●豪華ゲストスター出演。「メルローズ・プレイス」のグラント・ショーがCIAエージェントとして、UKロックバンド「ブッシュ」のリードボーカル、ギャヴィン・ロスデイルが非道な悪役として登場する。
●全米ではシーズン6が2012年6月よりUSAネットワークで放送開始。

収録特典

88分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『HOMELAND(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント