バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 SEASON5 vol.2
Burn Notice Season5

ついに黒幕と直接対決――!?
スパイの未来をつかみとれ!

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:渡部類 ●吹替翻訳:大森久美子/笹部祐三子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第3話「マインドゲーム」
ついに同棲を始めたマイケルとフィオナ。だが、マイケルは重要な任務後の緊張状態が続いて夜も眠れない。フィオナはマイケルに過去と決別するべきと助言する。同じ頃、マイケルの弟ネイトが幼い子供を連れてラスベガスから帰っていた。トラブルメイカーのネイトはさっそくマイケルに人助けの依頼を持ち掛ける。彼の友だちジェシカが高利貸しに嫌がらせされているという。休息が必要なマイケルだったが、弟の頼みを反故にはできない。

■第4話「新たな困難」
CIAのマックスの指令で、マイケルはオークション会場へ。そこで重要データが詰まったタブレットが盗まれるのを発見。泥棒に追跡装置をつけ、首謀者を見つけようとする。そんな折、マネーロンダラーのバリーが真面目な弟ポールを連れて来た。ポールは教員。6000人分の教職組合員の個人情報が詰まったサーバーを盗まれて窮地に陥っていた。マイケルたちはハッカーの足取りを追うため、マックスに協力を要請すると意外にも彼は快諾する。

ポイント

●ワシントンへ連行されたマイケルは、CIAとともに“組織”を追っていた――。
そして、ついにシリーズ最大の敵であるマイケルを解雇した組織の黒幕が登場。
そこには、さらにマイケルの運命を翻弄する困難が待ち受けていた!!
●マイケルとフィオナの恋愛も大きく進展!
しかし、シリーズ後半では思わぬ事態に!? 二人に幸せな未来はやってくるのか!?
●豪華ゲストスター出演。「メルローズ・プレイス」のグラント・ショーがCIAエージェントとして、UKロックバンド「ブッシュ」のリードボーカル、ギャヴィン・ロスデイルが非道な悪役として登場する。
●全米ではシーズン6が2012年6月よりUSAネットワークで放送開始。

収録特典

86分 片面1層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント