明日に向って撃て!
Butch Cassidy and the Sundance Kid

鮮烈な軌跡を残した二人のアウトロー
永遠の輝きを放つアメリカン・ニューシネマの傑作!

映画の言葉 “恰好つけてねえで本音を言え”

FOX1969年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ブッチ・キャシディ…ポール・ニューマン(近藤洋介)
サンダンス・キッド…ロバート・レッドフォード(久富惟晴)
エッタ・プレイス…キャサリン・ロス(二宮さよ子)

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
製作:ジョン・フォアマン
脚色:ウィリアム・ゴールドマン

●字幕翻訳:保田道子 ●吹替翻訳:山田 実

ストーリー

実在したアウトロー、ブッチとサンダンスが銀行強盗を繰り返すなかで夢を追い求めて自由奔放に生き、それ故に時代に取り残されていく様を、「スティング」「ガープの世界」等、名作を作りつづける名匠ジョージ・ロイ・ヒルが時にユーモラスにまたシニカルに描いていく。

ポイント

◎1969年度アカデミー賞4部門受賞(脚本賞/撮影賞/作曲賞/歌曲賞)
※日本語吹替音声計約98分収録。※現存するテレビ放送当時のものを収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

111分 2層 カラー
1.英語 5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語 5.1ch DTS
1.日本語字幕
2.英語字幕
HDワイドスクリーン 1920×1080p/シネマスコープ
MPEG-2

●ジョージ・ロイ・ヒル(監督)、ハル・デイビッド(作詞)、ロバート・L・クロフォード(共同製作)、コンラッド・ホール(撮影)による音声解説
●ウィリアム・ゴールドマン(脚本)による音声解説
●「明日に向って撃て!」の舞台裏
●ブッチとサンダンスの真実
●未公開シーン(ジョージ・ロイ・ヒル監督による解説付き)
●劇場先行予告編
●劇場予告編1
●劇場予告編2
●『プラトーン』予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント