ザ・ユニット 米軍極秘部隊 vol.4
Unit, The

米国政府が隠し続ける実在の極秘部隊“デルタフォース”の壮絶な任務を映像化した、リアル・ミリタリー・アクション!

米国政府がその存在を否認!
最強の極秘部隊が挑む、世界一危険なミッション!

FOX2006年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョナス・ブレイン…デニス・ヘイスバート(福田信昭)
ボブ・ブラウン…スコット・フォーリー(置鮎龍太郎)
マック・ゲルハルト…マックス・マーティーニ(加藤亮夫)
トム・ライアン大佐…ロバート・パトリック(佐々木勝彦)

製作総指揮:ショーン・ライアン

●字幕翻訳:伊藤美和子 ●吹替翻訳:中島多恵子

ストーリー

■第7話「献身の果て」
アフガニスタンで狙撃任務に向かう途中、別チームのヘリが敵地に不時着。ジョナスは任務を後回しにして救出に向かうが……。その頃基地にはロンと妻がやって来る。新しい射撃場に彼の名前が付けられることになり、除幕式が行われるのだ。しかし、ロンは医薬の依存症になっており、妻とも破局の危機を迎えていた。一方キムは大学の単位取得のため研修を受けようと地元ラジオ局を訪れる。

■第8話「地獄の教練」
敵の捕虜となって自白を強要された場合に備える訓練所へ向かったジョナスのチーム。看守役を務めるはずだったが、着いてみると実は捕虜役で、想像以上の厳しい取調べが待ち受けていた。体調の悪いボブが標的となって分断され、裏切り者に仕立て上げられてしまう。一方、妊娠中のキムは流産した経験から信仰心を失っており、何とかそれを取り戻させようとするモリーに激しい拒絶反応を示す。

ポイント

●米国がその存在を隠し続ける、特殊部隊“ユニット”
極秘裏に遂行され、決して明るみに出ない、危険で壮絶なミッションを映画クラスのスケールで描く!
●実在する米国の極秘組織“デルタフォース”がモデル!
さらにデルタフォースの元メンバーによる原作を原作者自らが製作・監修で映像化しているだけに、すべてがリアル!
●世界一危険な任務に就く男たちを支える、家族たちの苦悩と葛藤……
ユニットのミッションと並行して描かれるもうひとつの“戦場”もリアルでスリリング!
●「24 -TWENTY FOUR-」のパーマー大統領役のデニス・ヘイスバート、『ターミネーター2』のロバート・パトリック出演!
●vol.7には 製作・監修を務めた元デルタフォース・メンバーが語る“「ザ・ユニット」の舞台裏”を収録!

収録特典

89分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 ステレオ
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『THE KILLING(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント