ザ・ユニット 米軍極秘部隊 vol.3
Unit, The

米国政府が隠し続ける実在の極秘部隊“デルタフォース”の壮絶な任務を映像化した、リアル・ミリタリー・アクション!

米国政府がその存在を否認!
最強の極秘部隊が挑む、世界一危険なミッション!

FOX2006年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョナス・ブレイン…デニス・ヘイスバート(福田信昭)
ボブ・ブラウン…スコット・フォーリー(置鮎龍太郎)
マック・ゲルハルト…マックス・マーティーニ(加藤亮夫)
トム・ライアン大佐…ロバート・パトリック(佐々木勝彦)

製作総指揮:ショーン・ライアン

●字幕翻訳:伊藤美和子 ●吹替翻訳:中島多恵子

ストーリー

■第5話「脱出」
スペインで、ある男を暗殺する任務に就いていたユニット・チーム。スペイン政府が急に任務の同意を撤回して作戦中止となるが、指令が届く前にボブは狙撃を成功させていた。たちまち殺人犯として追われる身となった隊員たちは各自単独行動で国外へ脱出するが、ボブだけがなかなか帰国せずキムの不安が募る。一方ジョナスとモリーの娘ベッツィーは、大学を辞めて軍に入ると言って両親を悩ませる。

■第6話「疑惑」
ベイルートのイラン大使館でのアメリカ、ロシア、イランの会談に際して、ロシアとイランの密約情報をつかむために盗聴器を仕掛けるのが今回の任務。ジョナスはCIAの協力を断り、イスラエル渡航歴を問題視されたボブは大使館への入館を禁じられて作戦は失敗したかに見えたが……。一方ライアン大佐は情報漏洩にかかわった隊員夫妻への厳しい尋問をモリーたちに見せ、機密厳守の自覚を促すが……。

ポイント

●米国がその存在を隠し続ける、特殊部隊“ユニット”
極秘裏に遂行され、決して明るみに出ない、危険で壮絶なミッションを映画クラスのスケールで描く!
●実在する米国の極秘組織“デルタフォース”がモデル!
さらにデルタフォースの元メンバーによる原作を原作者自らが製作・監修で映像化しているだけに、すべてがリアル!
●世界一危険な任務に就く男たちを支える、家族たちの苦悩と葛藤……
ユニットのミッションと並行して描かれるもうひとつの“戦場”もリアルでスリリング!
●「24 -TWENTY FOUR-」のパーマー大統領役のデニス・ヘイスバート、『ターミネーター2』のロバート・パトリック出演!
●vol.7には 製作・監修を務めた元デルタフォース・メンバーが語る“「ザ・ユニット」の舞台裏”を収録!

収録特典

88分 片面1層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 ステレオ
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント