炎のランナー<2枚組>〔初回生産限定〕
Chariots of Fire

心に残る名言と名作 ―映画の言葉―

 “勝利への公式などありません”

FOX1981年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ハロルド・エーブラハムズ…ベン・クロス(野島昭生)
エリック・リデル…イアン・チャールソン(田中秀幸)
サム・マサビーニ…イアン・ホルム(千葉耕市)
アンディ・リンゼイ卿…ナイジェル・ヘイバース(塩沢兼人)
ジェニー…シェリル・キャンベル(高島雅羅)
シビル…アリス・クリーグ(有馬瑞香)

監督:ヒュー・ハドソン
製作:デイビッド・プットナム
脚本:コリン・ウェランド
撮影:デイビッド・ワトキン
音楽:ヴァンゲリス

●字幕翻訳:岩佐幸子 ●吹替翻訳:額田やえ子

ストーリー

1919年、イギリスの名門ケンブリッジ大に入学した短距離選手ハロルド・エーブラハムズは、自分がユダヤ人であることを意識しながらも、貴族出身の中距離選手リンゼイ、物静かな障害物走のオーブリーらと友情を育みながら、共に陸上競技の選手としてオリンピック出場を夢見て練習に励んだ。彼にとっては走ることは偏見に勝利することであった。一方スコットランドではラグビー選手だったエリック・リデルが俊足を買われ短距離選手に転向していた。宣教師として海外での布教を夢見るエリックは、ただ神のため、信仰のために走っていた。1924年、第8回パリ・オリンピックが開催され、イギリス陸上陣は王者アメリカに戦いを挑むこととなったが……。

ポイント

心に残る名言と名作 ―映画の言葉―
 “勝利への公式などありません”

誰しも負けるよりは勝ちたいと思っている。そして、負け続ける人ほど勝つ人のスタイルや言動を鵜呑みにし、勝利の公式を確立させようとする。だが、勝ち続ける人はよく知っている。人間は常に変化し、環境も変化し、勝負が決まる瞬間も常に変化していることを。

◆1981年度アカデミー賞受賞(作品賞/脚本賞/作曲賞/衣装デザイン賞)

●1924年の第8回パリ・オリンピックにおけるイギリス代表陸上選手の実話に基づき、『小さな恋のメロディ』(71)、『キリング・フィールド』(84)の名プロデューサー、デイビッド・パットナムが製作、『レボリューション・めぐり逢い』(85)のヒュー・ハドソンが監督した感動のヒューマン・ドラマ。
●本編は躍動感と美しい音楽を体感できる5.1DTS音声!
永遠の名曲として名高いヴァンゲリスの主題曲と、スクリーンに映し出される躍動感溢れる人間ドラマで、見るたびに呼び起こす感動!
●本編はアメリカ劇場公開バージョンを収録(バニラ・バージョンはインターナショナル劇場公開バージョンとなりますので、若干内容が異なります)。
●本編ディスクには、ヒュー・ハドソン監督による音声解説が収録!

★封入特典:“映画の言葉”入り特製ポストカード

※現存するテレビ放送当時のものを収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

124分 【Disc-1】片面2層 
【Disc-2】片面1層
カラー
1.英語 5.1ch DTS
2.英語 5.1chサラウンド
3.日本語 モノラル
4.音声解説
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

【Disc-1】
●ヒュー・ハドソン監督による音声解説

【Disc-2】
●メイキング:風になった男たち
●ランナーたちの同窓会
●追加シーン集
●劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント