バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 SEASON4 vol.6
Burn Notice Season4

謎を解くカギを握るのは

敵か味方か――?

FOX2010年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:田村紀子 ●吹替翻訳:笹部祐三子/大森久美子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第11話「盲点」
マイケルたちは捏造した証拠ファイルをジェシーに見せ、ジョン・バレットが闇組織の黒幕だと納得させる。フィオナは友人の友人エミリーが女たらしの詐欺師チャールズにお金をだまし取られたと聞き、怒り心頭。金を取り返そうと躍起になる。彼への尾行がバレそうになったフィオナは咄嗟にそばにいたジェシーと恋人のフリをするが微妙な空気に。チャールズはなかなか尻尾を出さず、最後はサムが薬と酒で彼を酔わせまくる作戦に。

■第12話「裏切りの報い」
マイケルのせいで自分が解雇されたと知ったジェシーが失踪。同じ頃、ジョン・バレットがマイアミへ。そんな切迫した状況で、弁護士アダム・スコットの5歳の娘ベッキーが誘拐される。犯人はアダムが弁護中の容疑者の弟デール。兄に有罪判決が出れば、娘の命はないという。フィオナはマデリンとジェシーの説得を試みるが失敗。ジョン・バレットとの取引当日。ヴォーンが現れ、銃撃戦に。どさくさの中で、ジェシーがマイケルを撃つ。

ポイント

●ついにマイケル解雇の黒幕につながる重要なヒントに辿り着く――! スリリングな駆け引きと驚きの展開が待っている!!
●まさかの事態発生! マイケルが現役スパイを解雇!? そして、マイケルが解雇した男が仲間に加わることに!
●シーズン6まで制作決定! 全米ではシーズン5を放送開始。
●豪華ゲストスター出演。
バート・レイノルズ(『キャノンボール』『シャーキーズ・マシーン』)
ロバート・パトリック(『X-ファイル』シーズン8&9、『ターミネーター2』)

収録特典

88分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『THE UNIT(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント