ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 ファイナル・シーズン vol.4
Lie To Me Season3

嘘を見抜いて真実を暴くリアル・サスペンス、衝撃のファイナル・シーズン!

あなたの嘘は顔に出る。

FOX2010年度作品 /  

キャスト&スタッフ

カル・ライトマン博士…ティム・ロス(平田広明)
ジリアン・フォスター博士…ケリー・ウィリアムズ(加藤優子)
リア・トーレス…モニカ・レイモンド(皆川純子)
イーライ・ローカ―…ブレンダン・ハインズ(杉山 大)

製作総指揮:サミュエル・バウム

●字幕翻訳:伊藤美穂/田中武人 ●吹替翻訳:柳澤由美

ストーリー

■第7話「ベロニカの世界」(原題:Veronica)
一語一語 区切るのはウソをついてる徴候――

ある夜、ライトマン博士の娘エミリーがベロニカと名乗る女性と知り合う。彼女はチャーリーという男に妹が殺され、自分も狙われていると言い、困ったエミリーはライトマンに助けを求める。フォスター博士は彼女がアルツハイマーだと診断。ベロニカの夫バートは3年前に他界、そして68年に妹ローズが実際に殺されていたと分かるが、その容疑者はベロニカ自身だった。ライトマンは彼女が暮らす介護ホームに行き、真相を突き止めようとする。

■第8話「ソウル・ファミリー」(原題:Smoked)
眉が上がり、 首が傾いてるのは、「恐怖」ではなく“認識”だ――。

ライトマン博士の自宅にワロウスキーがやってきて、彼女と家族ぐるみの付き合いをしていたレストラン・オーナーの娘キーラが強盗に殺害され、捜査協力を求められる。防犯ビデオの映像を見た彼はこれが身内の犯行であり、強盗を装った計画殺人だと見抜く。店のオーナー、ジムの古くからの友人で従業員のテディの様子から、彼が犯人をかばっていることに気付いたライトマンは、犯人はキーラの2人の兄のうちのどちらかと考えるが……。

ポイント

●地上波放送で話題のドラマ! ファイナル・シーズンに突入。
●さらなる難事件にライトマン博士が大胆に挑む! フィナーレに向けてスリルとサスペンスが加速する!
●新キャラクター登場。ライトマン博士に裏で協力する女刑事ワロウスキー。二人の関係は?
そしてフォスター博士との友情に変化が訪れるのか?
●字幕・吹替の監修は日本における“微表情“の専門家を起用。
佐藤親次 医学博士 (筑波大学大学院 人間総合研究科ヒューマン・ケア科学専攻 元准教授。現在 筑波社会精神医学研究所所長・筑波心理科学研究所顧問)
簑下成子 医学博士(川村学園女子大学 文学部 心理学科 教授)

収録特典

87分 片面1層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント