glee/グリー シーズン2 vol.6
glee

決戦はニューヨーク!
負け犬たちのリベンジが始まる――。

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ウィル…マシュー・モリソン(森川智之)
フィン…コーリー・モンテース(小野大輔)
レイチェル…リー・ミッシェル(坂本真綾)
スー…ジェーン・リンチ(野沢由香里)
エマ…ジェイマ・メイズ (日高のり子)
クイン…ディアナ・アグロン(水樹奈々)

製作総指揮:ライアン・マーフィー

●字幕翻訳:亀谷奈美 ●吹替翻訳:野口尊子

ストーリー

■第11話「踊る!アメフト部」(原題:The Sue Sylvester Shuffle)
パフォーマンスに満足できないスーは、大会に向け人間大砲で新境地を開拓し、ブリトニーにその大砲に入るよう命じる。その頃、アメフト部ではカロフスキーとフィンたちの対立が激化。ウィルとビーストは彼らを団結させるためにアメフト部とグリー部で協力してハーフタイム・ショーをすることに。しかし、スーの嫌がらせでチア部とアメフト部の大会が同じ日になる。カロフスキーは反抗し、クインたちチア部が不在のままショー・タイムを迎える。

■第12話「バレンタインに贈るラヴ・ソング」(原題:Silly Love Songs)
ウィルがバレンタインに課題にしたのは“愛する人への歌”、部員たちは想いを歌にする。そんな中、レイチェルと別れフリーのフィンは、グリー部遠征費用のためのチャリティとして自分とのキスの1回1ドルで寄付を募る。未練たっぷりのレイチェルは気が気でなかった。その頃パックはカートの代わりに入部したローレンに何故か夢中。一方カートはブレインが好きな人に歌を贈ると聞いて、それが自分のことだと舞い上がるのだが……。

ポイント

●全世界熱狂! 一大ムーブメントを巻き起こしている驚異のTVシリーズ、待望のセカンド・シーズンが登場!!
●2011年ゴールデン・グローブ賞 二年連続作品賞受賞!さらに、三冠達成! (作品賞・助演男優賞・助演女優賞)その他、エミー賞、グラミー賞など世界各国の権威ある賞に約150部門ノミネートされ、約60部門を受賞。(2011年7月現在)
●全米では過去3年間で最多の2,680万人という驚愕の視聴率を達成! 「フリンジ」「ゴシップガール」など日本でもおなじみのTVシリーズを押しのけ名実ともにNo.1のTVに!!
●有名スターのゲスト出演がトップ・ニュースを賑わす! ブリトニー・スピアーズ、シャリース、グウィネス・パルトロウなど豪華スターが続々登場!
●登場楽曲がさらに豪華に! レディー・ガガ、ジャスティン・ビーバー、マイケル・ジャクソンなど心を熱くする数々の名曲に加え、「ロッキー・ホラー・ショー」、「ウィキッド」などのミュージカル・ナンバーも充実。
●スケールもスキルもパワーアップ! 迫力満点なパフォーマンスからも目が離せない! そんなキャストたちは、2010年に続き、2011年は全米及び全英をツアー凱旋!
●60カ国以上で刊行される世界最大規模のファッション誌「ELLE」をはじめ、「GQ」や「marie claire」などの表紙を飾るなど、キャストたちは今やエンタメ業界を彩るトップ・スターに!!
●新学期スタート、新キャラ登場で新たな展開が……。目指すは州大会よりさらに上、ニューヨークで開催される全国大会。成長した負け犬たちのリベンジが始まる――。
●小野大輔(「黒執事」)、坂本真綾(「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」)、水樹奈々(「ハートキャッチプリキュア!」)など豪華声優キャストによる吹き替えも必見!ゲスト吹き替えキャストも登場!!
●各ディスクに「ジューク・ボックス機能」付き。
パフォーマンス・シーンだけを存分に堪能できる! 楽しみ倍増!!
※一部「ジューク・ボックス」機能の対象楽曲でないものもございます。また、対象楽曲であっても権利の都合上、字幕が無い楽曲も含まれますので予めご了承下さい。

収録特典

94分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●ジューク・ボックス
●<特別収録>『THE UNIT(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント