ボストン・リーガル シーズン2 vol.13
Boston Legal Season2

「アリー my Love」のクリエイターが贈るゴールデングローブ賞&エミー賞受賞の法廷エンターテイメント 第2弾!

免許剥奪ギリギリ!?
あらゆる手段で勝たせます!

FOX2006年度作品 /  

キャスト&スタッフ

アラン・ショア…ジェームズ・スペイダー(てらそま まさき)
デニー・クレイン…ウィリアム・シャトナー(麦人)
シャーリー・シュミット…キャンディス・バーゲン(宮寺智子)

製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

●字幕翻訳:桜井 文 ●吹替翻訳:柳澤 由美
●字幕・吹替監修:八代英輝

ストーリー

■第25話「依頼人は合衆国」(原題:Squid Pro Quo)
米国政府が援助していたネパールの病院が条件に違反したとして突如援助を打ち切られ、それが原因で死産した女性が政府を訴える。政府の代理人となったデニーの相手側弁護人は義理の息子ドニー。次第に言葉が出なくなり弁護に自信をなくしたデニーはアランに最終弁論を託す。シャーリーが引き抜いたマーリーンは、デニースが既に和解をまとめていた案件を引っ張り出し、勝手に和解金の釣り上げ交渉を始める。デニースは激怒するが……。

■第26話「セクシーな季節」(原題:Spring Fever)
アランはデニーに誘われロスを訪れるが、そこで予期せぬ申し出を受け戸惑う。レストランで二人が話をしていると店内に発砲音が鳴り響く。現場に行くとそこにはアランが一目惚れした女優のコートニーが銃を持って立っていた。性を探求するキャボット教授を弁護するマーリーンは、不利な状況をデニースに話すと彼女の助言で思わぬ展開に発展。一方、ブラッドの姪ハンナが第二級殺人の罪で捕まるが黙秘を続けた為事態は悪い方向へ。

ポイント

●男性版「アリー my Love」! 気軽に観れる異色の法廷ドラマ!
●ゴールデングローブ賞&エミー賞 受賞。「24」に匹敵する視聴者数を誇る全米大ヒットドラマ!
●お騒がせグレート弁護士たちの免許剥奪ギリギリの凄腕テクニックがさらに炸裂!
●豪華俳優の共演! お騒がせグレート弁護士を熱演!
「セックスと嘘とビデオテープ」のジェームズ・スペイダーと「スター・トレック/宇宙大作戦」のカーク船長役で有名なウィリアム・シャトナーが共演。
●国際弁護士 八代英輝弁護士による日本語字幕・吹替監修!
●豪華ゲストスター出演。マイケル・J・フォックスが重要なキャラクターで登場。

収録特典

86分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーサラウンド
2.日本語 ステレオ
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント