ボストン・リーガル シーズン2 vol.8
Boston Legal Season2

「アリー my Love」のクリエイターが贈るゴールデングローブ賞&エミー賞受賞の法廷エンターテイメント 第2弾!

免許剥奪ギリギリ!?
あらゆる手段で勝たせます!

FOX2006年度作品 /  

キャスト&スタッフ

アラン・ショア…ジェームズ・スペイダー(てらそま まさき)
デニー・クレイン…ウィリアム・シャトナー(麦人)
シャーリー・シュミット…キャンディス・バーゲン(宮寺智子)

製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

●字幕翻訳:桜井 文 ●吹替翻訳:河野 雅昭/柳澤 由美
●字幕・吹替監修:八代英輝

ストーリー

■第15話「笑えない少女」(原題:Smile)
アランは事故の後遺症で笑えなくなった少女マリッサを弁護する。彼女は笑えないことを理由に私立の名門校への転入を拒否されていた。アランは学校と交渉するが法的に勝ち目がないとわかり秘策を考え出す。シャーリーとデニースは、レイプされた19歳の少女が、搬送された病院で信仰を理由に緊急避妊薬を処方されず妊娠してしまった案件を担当する。一方デニーは、ベブの“家族”の生命維持装置が停止される寸前でブラッドに阻止させるが……。

■第16話「愛ゆえの殺人」(原題:Live Big)
アランとデニーは、認知症の進行を恐れて安楽死を望む妻をモルヒネで殺害してしまった男性を弁護する。自殺ほう助は犯罪であると主張する検察に対して被告人は妻の意思を尊重し人道的に行動したと反論する。シャーリーは別れた夫アイヴァンに結婚式の付添人を依頼されるが、その後再び結婚して欲しいと言われ戸惑う。ポールは疎遠になっていた娘と再会するが、かつて薬物依存だった娘を信じる事ができず激しく罵り合ってしまう。

ポイント

●男性版「アリー my Love」! 気軽に観れる異色の法廷ドラマ!
●ゴールデングローブ賞&エミー賞 受賞。「24」に匹敵する視聴者数を誇る全米大ヒットドラマ!
●お騒がせグレート弁護士たちの免許剥奪ギリギリの凄腕テクニックがさらに炸裂!
●豪華俳優の共演! お騒がせグレート弁護士を熱演!
「セックスと嘘とビデオテープ」のジェームズ・スペイダーと「スター・トレック/宇宙大作戦」のカーク船長役で有名なウィリアム・シャトナーが共演。
●国際弁護士 八代英輝弁護士による日本語字幕・吹替監修!
●豪華ゲストスター出演。マイケル・J・フォックスが重要なキャラクターで登場。

収録特典

87分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーサラウンド
2.日本語 ステレオ
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント