ボストン・リーガル シーズン2 vol.4
Boston Legal Season2

「アリー my Love」のクリエイターが贈るゴールデングローブ賞&エミー賞受賞の法廷エンターテイメント 第2弾!

免許剥奪ギリギリ!?
あらゆる手段で勝たせます!

FOX2005年度作品 /  

キャスト&スタッフ

アラン・ショア…ジェームズ・スペイダー(てらそま まさき)
デニー・クレイン…ウィリアム・シャトナー(麦人)
シャーリー・シュミット…キャンディス・バーゲン(宮寺智子)

製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

●字幕翻訳:桜井 文 ●吹替翻訳:柳澤 由美
●字幕・吹替監修:八代英輝

ストーリー

■第7話「ピエロ恐怖症」(原題:Truly, Madly, Deeply)
デニーは判事から少女レイプ殺人犯の公選弁護を依頼されるが、被告の卑劣な発言を聞いた途端、発砲して彼の膝を撃ち抜いてしまう。一方アランはピエロを解雇して訴えられたテレビ局の代理人となるが、子供の頃のトラウマでピエロが怖くまともに弁護ができない。シャーリーの元に幼なじみのドワイトが相談に来る。彼の浮気が原因で妻から婚姻取り消しを訴えられているが、離婚はしたくないと言う。彼の浮気相手はなんと“牛”だった。

■第8話「不安な眠り」(原題:The Ass Fat Jungle)
デニースは二人の女性に訴えられた有名整形外科医を弁護するが、彼は患者に対して極めてユニークなある部分の脂肪を注入していた。そしてデニース自身もその治療を受けていた。シャーリーはひき逃げ犯の少年を弁護することになる。彼は犯罪の事実を認めるが、シャーリーは唯一の目撃者が認知症の老女であることに目をつけ、彼女の証言を容赦なく追及する。一方アランは心的ストレスから夜驚症となり秘書のメリッサに添い寝を依頼する。

ポイント

●男性版「アリー my Love」! 気軽に観れる異色の法廷ドラマ!
●ゴールデングローブ賞&エミー賞 受賞。「24」に匹敵する視聴者数を誇る全米大ヒットドラマ!
●お騒がせグレート弁護士たちの免許剥奪ギリギリの凄腕テクニックがさらに炸裂!
●豪華俳優の共演! お騒がせグレート弁護士を熱演!
「セックスと嘘とビデオテープ」のジェームズ・スペイダーと「スター・トレック/宇宙大作戦」のカーク船長役で有名なウィリアム・シャトナーが共演。
●国際弁護士 八代英輝弁護士による日本語字幕・吹替監修!
●豪華ゲストスター出演。マイケル・J・フォックスが重要なキャラクターで登場。

収録特典

87分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーサラウンド
2.日本語 ステレオ
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント