ボストン・リーガル vol.6
Boston Legal

「アリー my Love」のクリエイターが贈るゴールデングローブ賞&エミー賞受賞の法廷エンターテイメント!

免許剥奪ギリギリ!?
あらゆる手段で勝たせます!

FOX2005年度作品 /  

キャスト&スタッフ

アラン・ショア…ジェームズ・スペイダー(てらそま まさき)
デニー・クレイン…ウィリアム・シャトナー(麦人)
シャーリー・シュミット…キャンディス・バーゲン(宮寺智子)

製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

●字幕翻訳:桜井 文 ●吹替翻訳:柳澤由美
●字幕・吹替監修:八代英輝

ストーリー

■第11話「シュミット参上」(原題:Schmidt Happens)
事務所を立て直すために、共同経営者の一人であるシャーリー・シュミットがやってくる。ローリーは、スーダンから移住した大手企業の重役が、スーダンの集団虐殺でいとこが殺された事をきっかけに合衆国政府を訴えたいという案件を任される。アランは母親を殺してしまったと電話してきた男バーニーの弁護を担当することになる。自宅を訪ねたアランにバーニーはフライパンで殴って殺したと言うが、母親はキッチンで息を吹き返すのだが…。

■第12話「裏切られた善意」(原題:From Whence We Came)
ローリーは、デニーとシャーリーとともに、進化論の授業で創世記の解説する事を拒んだ理科教師を解雇した教育長ファイフの案件を担当する。母親殺しを逃れたバーニーの隣家でまた撲殺が起きる。アランはバーニーの元に駆けつけるが、バーニーは彼女に母との口論を聞かれたので殺した、と告げる。シャーリーは、アランのアシスタントからセクハラの相談を受ける。また事務所のある人物はシャーリーに解雇を告げられていた。

ポイント

●男性版「アリー my Love」! 気軽に観れる異色の法廷ドラマ!
●ゴールデングローブ賞&エミー賞 受賞。「24」に匹敵する視聴者数を誇る全米大ヒットドラマ!
●勝訴のためなら手段を選ばない!? エリート弁護士たちのエキサイティングでユーモラスなバトルが見所!
●豪華俳優の共演! お騒がせグレート弁護士を熱演!
「セックスと嘘とビデオテープ」のジェームズ・スペイダーと「スター・トレック/宇宙大作戦」のカーク船長役で有名なウィリアム・シャトナーが共演。
●国際弁護士 八代英輝弁護士による日本語字幕・吹替監修!

収録特典

86分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーサラウンド
2.日本語 ドルビーサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント