ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 シーズン2 vol.11
Lie To Me Season2

あなたの嘘は顔に出る。
「24」のプロデューサーが贈る実在の人物をモデルに描いたリアル・サスペンス

FOX2010年度作品 /  

キャスト&スタッフ

カル・ライトマン博士…ティム・ロス(平田広明)
ジリアン・フォスター博士…ケリー・ウィリアムズ(加藤優子)
リア・トーレス…モニカ・レイモンド(皆川純子)
イーライ・ローカ―…ブレンダン・ハインズ(杉山 大)

製作総指揮:サミュエル・バウム

●字幕翻訳:田中武人 ●吹替翻訳:柳澤由美/中村久世

ストーリー

■第21話「父と娘」(原題:Darkness And Light)
ウソをつくのは良いことではないが、真実だけが救いになるとは限らない──

ポルノ女優になった10代の少女モリ―が行方不明になった。行方を探す父親に協力するライトマン博士は、彼の顔に罪の意識が表れていることに気がつく。娘への性的虐待が疑われるが、モリ―の妹のエイミーはそれを否定し、むしろモリーの問題行動に苦しめられていたのは父のほうだったと擁護。ポルノ関係者宅でモリーは発見されるが、衝撃の出来事を語った、「父は殺人者だ」と……。

■第22話「不都合な真実」(原題:Black And White)
私はなにも信じない。だからこの仕事が止められない──

ライトマン博士の旧友でジャーナリストのジュリーが、射殺遺体となって発見された。彼女が追っていたのは、アンスリンガー市会議員が、不動産王クックの暗殺を首謀したという大スクープ。その証拠品を入手した直後に殺されたのだ。容疑のかかったアンスリンガーはライトマン博士とわざと固い握手をして顔の表情を読ませ、自身の潔白を証明してみせるのだが……

ポイント

●0.2秒の“微表情”からウソを見抜いて事件を解決に導く新しい切り口のドラマで、科学的な発見を基に構成されたリアル・サスペンス。
●2009年TIME誌で最も影響力のある100人に選ばれたアメリカの心理学者ポール・エクマンをモデルに描いている。
●『海の上のピアニスト』『レザボアドッグス』の実力派ハリウッド俳優 ティム・ロス主演。
●字幕・吹替の監修は日本における“微表情“の専門家を起用。
佐藤親次 医学博士 (筑波大学大学院 人間総合研究科ヒューマン・ケア科学専攻 元准教授。現在 筑波社会精神医学研究所所長・筑波心理科学研究所顧問)
簑下成子 医学博士(川村学園女子大学 文学部 心理学科 教授)
●シーズン2ではさらなる難事件が起こる。そこには必ずウソが存在する。そして、ライトマン博士とその周囲の人間関係にも様々な変化が訪れ始める……。

収録特典

89分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『LAS VEGAS(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント