ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 シーズン2 vol.9
Lie To Me Season2

あなたの嘘は顔に出る。
「24」のプロデューサーが贈る実在の人物をモデルに描いたリアル・サスペンス

FOX2010年度作品 /  

キャスト&スタッフ

カル・ライトマン博士…ティム・ロス(平田広明)
ジリアン・フォスター博士…ケリー・ウィリアムズ(加藤優子)
リア・トーレス…モニカ・レイモンド(皆川純子)
イーライ・ローカ―…ブレンダン・ハインズ(杉山 大)

製作総指揮:サミュエル・バウム

●字幕翻訳:田中武人 ●吹替翻訳:桜井裕子/柳澤由美

ストーリー

■第17話「苦い勝利」(原題:Bullet Bump)
私は真実をみつけるために、こうして生きている──

知事再選を狙うブルックス現知事の演説集会のさなか、暗殺者の銃弾が知事をかすめ、女性スタッフのミシェルに命中。同情票が一気に集まり、支持率も急上昇する。だが事件直前の映像には、知事がミシェルに鼻孔を広げた好意の表情をみせ、二人の親密な関係を疑うライトマン博士。暗殺のターゲットは当初からミシェルだったのではないか、と……。

■第18話「ファイト・クラブ」(原題:Headlock)
私に秘密を話したからといって、私の秘密をバラす義務はない──

違法賭博の格闘家ラウルが遺体となって発見された。「表情の研究」と称して格闘場に出入りし、酔ったラウルと口論する姿を目撃されていたライトマンは、法の手が自分に及ばぬよう証拠隠滅をはかり、FBIの指示を無視して独自に捜査を開始。ラウルに敗北した選手と面会するも、憎しみや怖れの表情はなく、真犯人捜しは早くも難航してしまう……

ポイント

●0.2秒の“微表情”からウソを見抜いて事件を解決に導く新しい切り口のドラマで、科学的な発見を基に構成されたリアル・サスペンス。
●2009年TIME誌で最も影響力のある100人に選ばれたアメリカの心理学者ポール・エクマンをモデルに描いている。
●『海の上のピアニスト』『レザボアドッグス』の実力派ハリウッド俳優 ティム・ロス主演。
●字幕・吹替の監修は日本における“微表情“の専門家を起用。
佐藤親次 医学博士 (筑波大学大学院 人間総合研究科ヒューマン・ケア科学専攻 元准教授。現在 筑波社会精神医学研究所所長・筑波心理科学研究所顧問)
簑下成子 医学博士(川村学園女子大学 文学部 心理学科 教授)
●シーズン2ではさらなる難事件が起こる。そこには必ずウソが存在する。そして、ライトマン博士とその周囲の人間関係にも様々な変化が訪れ始める……。

収録特典

88分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『THE UNIT(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント