glee/グリー vol.9
glee

出会ったのは、かけがえのない仲間。
そして、本当の自分――。

FOX2010年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ウィル…マシュー・モリソン(森川智之)
フィン…コーリー・モンテース(小野大輔)
レイチェル…リー・ミッシェル(坂本真綾)
スー…ジェーン・リンチ(野沢由香里)
エマ…ジェイマ・メイズ (日高のり子)
クイン…ディアナ・アグロン(水樹奈々)

製作総指揮:ライアン・マーフィー

●字幕翻訳:田中和香子/別所里織 ●吹替翻訳:野口尊子

ストーリー

■第19話「夢をあきらめるな」(原題:Dream On)
理事会の新メンバー、ブライアンがカリキュラムの監査にやってくる。彼はウィルのグリークラブ時代の仲間だったが、夢破れた彼はグリーを憎み、グリークラブを廃部しようと考えていた。生徒たちにも夢を見るのは無駄だと力説するブライアン。その時アーティの夢がダンサーだと知ったティナは、彼の脚を治す方法を調べ始める。一方、ウィルはブライアンを飲みに誘い、もう1度彼の夢に火をつけ、一緒にミュージカルのオーディションを受ける。

■第20話「レディー・ガガのコスプレ大作戦」(原題:Theatricality)
突然校長からゴス・ファッションを止めるよう警告され、途方に暮れるティナ。その矢先、レイチェルがボーカル・アドレナリンがレディ・ガガの曲をフィーチャーすると聞きつける。ウィルは自分たちもガガの曲をやろうと提案するが、男子メンバーは猛反対し、独自のアイデアを形にする。一方、ボーカル・アドレナリンの偵察に行ったレイチェルは、顧問のシェルビーが歌ったとたん、それが母親の声だと気付き、ぎこちない親子の再会を果たすことに。

ポイント

●2010年ゴールデングローブ賞 作品賞受賞! 2010年エミー賞最多20部門ノミネート!!
●心を熱くする数々の全米ポップス&ヒット曲満載の感動エンターテイメント
●あのマドンナが大絶賛! 迫力満点、ブロードウェイ顔負けの本格的パフォーマンス!!
●「ウォーターボーイズ」のあの感動が再び!! 涙あり、笑いあり、負け犬たちのサクセスストーリー
●日本のドラマでは有得ない、リアルなキャラクター設定に共感度100%!
●ブロードウェイや様々な舞台で活躍する才気あふれるキャストが出演!
●小野大輔(「涼宮ハルヒの憂鬱」)、坂本真綾(「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」)、水樹奈々(「ハートキャッチプリキュア!」)など豪華声優キャストによる吹き替えも必見!

収録特典

88分 片面1層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント