バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 SEASON3 vol.3
Burn Notice Season3

孤立無援となった元スパイが
迫られる究極の選択とは!?

FOX2009年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:田村紀子/渡部類 ●吹替翻訳:大森久美子/笹部祐三子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第5話「エイリアンの暗号」(原題:Signals And Codes)
なんとか復職しようと躍起のマイケルは同業者を探そうとサムと飛行場で張り込む。復職に反対のフィオナは面白くない。トレーニングを終え、射撃場から出てきたマイケルとサムは怪しい男に待ち伏せされる。スペンサーというその男は、マイケルがスパイだと大騒ぎ。数学者の彼は友人を殺した軍需企業を調べてほしいようだ。とはいえ、彼の話は「異星人がメッセージを光に包んで送ってくる」といった、かなりぶっ飛んだものだった。

■第6話「ハンター」(原題:The Hunter)
マイケルのもとにスパイ仲介人ストリックラーから大量のヨーグルトが届く。彼はマイケルに自分と組まないかとオファー。敵が多いマイケルだけに彼が敵を倒せば、敵の敵が喜んで大金を払うらしい。もちろんマイケルは断るが、彼の情報によれば、マイケルに恨みのあるウクライナ人がマイケルの命を狙って接近中とか。より詳しい情報を得るために、マイケルは武器商人ベックに近づく。が、いきなりベックともども誘拐されてしまう。

ポイント

●孤立無援となったマイケルは果たしてスパイに復帰できるのか!?
●マイケルとフィオナが決別!? トリオ解散の危機が訪れる――。
●シリーズを追うごとにスケールアップする大迫力のド派手アクション
●シーズン6まで制作決定! 全米では現在シーズン4を絶賛放送中。
●第15話(vol.8)に「24」トニー・アルメイダ役で人気のカルロス・バーナードがゲスト出演。

収録特典

88分 片面1層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント