ザ・プラクティス シーズン2 vol.2
Practice, The

「アリー my Love」のデイビッド・E・ケリーが贈る、法廷エンターテイメント!
法に従うか、情に従うか。

FOX1997年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ボビー・ドネル…ディラン・マクダーモット(藤原啓治)
ジミー・バルッティ…マイケル・バダルコ(茶風林)
レベッカ・ワシントン…リサ・ゲイ・ハミルトン(加藤沙織)
ユージーン・ヤング…スティーブ・ハリス(乃村健次)
エレノア・フラット…カムリン・マンハイム(一城みゆ希)
リンジー・ドール…ケリー・ウィリアムズ(加藤優子)

製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

●字幕翻訳:桜井 文 ●吹替翻訳:柳澤由美

ストーリー

■第3話「ある死刑執行の記録」(原題:Spirit Of America)
一週間前に死刑囚の弁護を引き受けたボビーたち弁護団。彼らに残された被告の死刑執行までの時間は18時間と迫っていた。これまで被告が公平な裁判を受けていなかった事実を最終公聴会で主張するが認めてもらえず、総出で過去の洗い出しをすると、ある疑問点を発見した。最高裁判所から上告を却下されるも控訴裁判所が検察官の正当性に疑問がある事に合意し、直前で執行停止になるのだが……。

■第4話「闇に抱かれて」(原題:Hide And Seek)
ボビーは、伝説的弁護士レイモンド・オズの依頼を受け、私生活を撮影しようとしたカメラマンに暴行したパタンキ上院議員の審理を手伝うことになるが、裁判中のオズの様子がおかしい事に気づく。彼は1年前に起こした脳卒中で記憶に関する問題を抱えていたのだ。ボビーは判事にレイの不適格を告げ、自らが代行することを進言するが……。一方、ユージーンが過去に無罪放免にした男が人質をとって立てこもり、さらには残虐な罪を犯したことがわかる。

ポイント

●「アリーmy Love」のデイビッド・E・ケリー製作
●エミー賞にて26部門ノミネート、そして15部門受賞した珠玉の名作!!
●すべての人の胸を打つ正義と感動のストーリーのセカンド・シーズン
正義感だけでは解決できない、有罪だと思っていても被告人を弁護しなければならない弁護士としての矛盾と彼らの葛藤がストーリーが見どころ
●裁判員制度開始で注目されるジャンル、裁判前に必ずチェックしておきたい“法廷ドラマ”のバイブル
アメリカでは第8シーズンまで製作された超人気法廷エンターテイメント・シリーズ
●主演は、「ザ・グリッド」のディラン・マクダーモット、共演は「ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間」のケリー・ウィリアムズ、「ツイン・ピークス」のララ・フリン・ボイルが登場!さらに、シーズン2には「アリーmy Love」とのクロスオーバーエピソード、シーズン8では「ボストン・リーガル」のジェームズ・スペイダーが登場するなど、関連作とのつながりもファンの興味を喚起する内容に!!

※1)アメリカで放映されたシーズン1全6話とシーズン2前半7話の計13話を日本ではシーズン1、シーズン2の第8話以降をシーズン2としてDVDリリースしております。放映順に収録し、本編の内容に変更はございません。

※2)日本語吹替音声は現存するテレビ放送当時のものをそのまま収録しております。

収録特典

91分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーサラウンド
2.日本語モノラル ※2
1.日本語字幕
2.英語字幕

スタンダード・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント