ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 vol.3
Lie To Me

あなたの嘘は顔に出る。
「24」のプロデューサーが贈る全く新しい心理分析サスペンス

FOX2009年度作品 /  

キャスト&スタッフ

カル・ライトマン博士…ティム・ロス(平田広明)
ジリアン・フォスター博士…ケリー・ウィリアムズ(加藤優子)
リア・トーレス…モニカ・レイモンド(皆川純子)
イーライ・ローカ―…ブレンダン・ハインズ(杉山 大)

製作総指揮:サミュエル・バウム

●字幕翻訳:伊藤美穂 ●吹替翻訳:久布白 仁司/柳澤由美

ストーリー

■第5話「憎しみの傷跡」(原題:Unchained)
質問から1秒以内の即答は、用意されていた「嘘」だ──

服役中のラテン系ギャングのボス、マニー・トリロは犯罪捜査に貢献したことが評価され、仮釈放審査をうける。更正したと主張する姿は真実なのか、あるいは巧みな演技なのか?カルが分析をするも、結論は二転三転してしまう。
一方、新人消防士が火災現場で遺体で発見された。「事故死ではなく他殺」という検視結果が出る。同僚消防士に疑惑の目が向けられ、署の悪しき体質が浮き彫りにされていく……

■第6話「善意の罪びと」(原題:Do No Harm)
理解しあうのが難しい時もある──

バーチ夫妻の養女サマンサが行方不明になって二か月間が経過した。殺人容疑にかけられた夫妻に協力することになったカルとジリアンは、懸賞金目当ての情報提供者の中から、真の情報を割り出した。サマンサにつきまとっていた上級生ウォルターの名が浮上し、彼の部屋からサマンサのバッグが発見されたのだが……。
一方、ウガンダの女性平和活動家が発表した自叙伝にねつ造の疑いが持たれていた。

ポイント

●0.2秒の“微表情”から ウソを見抜いて事件を解決する心理分析サスペンス
“微表情”や仕草から、ウソを見抜く天才的な科学者が、あらゆるウソを暴いてゆく。オバマ大統領やブッシュ元大統領など著名人の実際の画像や映像を交えながらわかりやすく微表情や仕草について解説。
心理学的な観点から身近な“ウソ”を描いた新しい切り口のサスペンス・ドラマ。
●全米で「フリンジ」の視聴者数を超えた大ヒットTVシリーズ。
●『海の上のピアニスト』『レザボア・ドッグス』の実力派ハリウッド俳優 ティム・ロス主演。
●字幕・吹替の監修は日本における“微表情”の専門家を起用。
佐藤親次 医学博士 (筑波大学大学院 人間総合研究科ヒューマン・ケア科学専攻 元准教授。現在 筑波社会精神医学研究所所長・筑波心理科学研究所顧問)
簑下成子 医学博士(川村学園女子大学 文学部 心理学科 教授)
●「24」ファン必見。vol.1に「24」最新作シーズン8第1話をまるごと特別収録。イチ早く見られる!

収録特典

88分 片面1層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント