足ながおじさん
Daddy Long Legs

世紀のダンサー、フレッド・アステア!
その華麗で軽快なステップで綴る、ミュージカル映画の傑作!!

FOX1955年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジャービス・ペンドルトン…フレッド・アステア(中村 正)
ジュリー…レスリー・キャロン(弥永和子)
リンダ…テリー・ムーア(戸部光代)
プリチャード女史…セルマ・リッター(鈴木れい子)
グリッグス…フレッド・クラーク(阪 脩)

監督:ジーン・ネグレスコ
製作:サミュエル・G・エンジェル
脚色:フィービー・エフロン/ヘンリー・エフロン
原作:ジーン・ウェブスター
撮影:レオン・シャムロイ
ダンス振付:フレッド・アステア/デイビッド・ローベル
音楽監修:アルフレッド・ニューマン

●字幕翻訳:森 みさ ●吹替翻訳:九 鮎子

ストーリー

アメリカ人の大富豪、ペンドルトン三世はひょんなことからフランスの孤児院で聡明で美しい娘ジュリーをみつけた。ジュリーには本名を明かさないまま自らが後見人になり、アメリカの大学で教育を受けさせることにした。ジュリーは名も知らぬこの後見人のことを“足ながおじさん”と呼び、感謝の手紙を書き続けたが一方のペンドルンは手紙を読む事すらしていなかった。憧れの思いを募らせるばかりのジュリー。しかし、ある日ベルトルンはジュリーのクラスメートの叔父として大学のダンス・パーティに出席した。そこで彼は孤児院にいた時とは見違えるばかりに美しくなったジュリーを見て驚くのだった……。

ポイント

●ハリウッドが生んだ最も偉大なダンサー、フレッド・アステア。そして『パリのアメリカ人』で世界的な人気を得たレスリー・キャロン。世界中の人々に今なお愛読されているジーン・ウェブスターの名作を、軽やかで優雅なステップで綴るミュージカル映画の傑作!
●次々と移り変わる色鮮やかな場面。「サムシングス・ガッタ・ギブ」「ドリーム」などヒット曲を散りばめ、その中で時にやさしく、時にスピーディに舞うアステア&キャロンの絶妙のコンビネーションが観る者を魅了する。
●日本語吹替音声計約90分収録。
※現存するテレビ放送当時のものを収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

127分 片面2層 カラー
1.英語 ステレオ
2.日本語 モノラル
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

●劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント