ザ・プラクティス vol.4
Practice, The

「アリー my Love」のデイビッド・E・ケリーが贈る、法廷エンターテイメント!
法に従うか、情に従うか。

FOX1997年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ボビー・ドネル…ディラン・マクダーモット(藤原啓治)
ジミー・バルッティ…マイケル・バダルコ(茶風林)
レベッカ・ワシントン…リサ・ゲイ・ハミルトン(加藤沙織)
ユージーン・ヤング…スティーブ・ハリス(乃村健次)
エレノア・フラット…カムリン・マンハイム(一城みゆ希)
リンジー・ドール…ケリー・ウィリアムズ(加藤優子)

製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

●字幕翻訳:桜井 文 ●吹替翻訳:柳澤由美

ストーリー

■第7話「禁断の恋」(原題:Reasonable Doubts)
殺人容疑のビッキーを弁護するボビー。ビッキーは被害者からレイプされそうになり、正当防衛での殺害だと主張する。リンジーの親友でこの裁判の検察官であるヘレンは、ビッキーは被害者と不倫関係だったのではないかと追及する。あくまで親しい隣人だったと言い張るビッキーだが、思いもよらぬ証拠物件がボビーの事務所に持ち込まれる……。彼女と恋仲になっていたボビーは冷静な判断ができなくなっていた。

■第8話「生涯最悪の日」(原題:Betrayal)
ユージーンとエレノアが呼び出された部屋には市議会議員のピーターの遺体があり、そばに恋人のジョーイがいた。彼の浮気を知ったピーターがショックのあまり自殺したと警察に証言するジョーイだったが、警察はそれを他殺と断定、ジョーイの浮気相手マーティーに容疑をかける。一方、ジミーは保護観察中の売春婦ジェニファーを路上で見つけ、彼女を車で送り届けたところ警察から買春容疑で逮捕されてしまう。

ポイント

●「アリー my Love」のデイビッド・E・ケリー製作
●すべての人の胸を打つ正義と感動のストーリー
●裁判員制度開始で注目されるジャンル、裁判前に必ずチェックしておきたい“法廷ドラマ”のバイブル
●エミー賞にて26部門ノミネート、そして15部門受賞した珠玉の名作!!
アメリカでは第8シーズンまで製作された超人気法廷エンターテイメント・シリーズ
●第7話からヘレン・ギャンブル役でララ・フリン・ボイル登場!
※日本語吹替音声は現存するテレビ放送当時のものをそのまま収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

88分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーサラウンド
2.日本語モノラル ※
1.日本語字幕
2.英語字幕

スタンダード・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント