ザ・プラクティス vol.3
Practice, The

「アリー my Love」のデイビッド・E・ケリーが贈る、法廷エンターテイメント!
法に従うか、情に従うか。

FOX1997年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ボビー・ドネル…ディラン・マクダーモット(藤原啓治)
ジミー・バルッティ…マイケル・バダルコ(茶風林)
レベッカ・ワシントン…リサ・ゲイ・ハミルトン(加藤沙織)
ユージーン・ヤング…スティーブ・ハリス(乃村健次)
エレノア・フラット…カムリン・マンハイム(一城みゆ希)
リンジー・ドール…ケリー・ウィリアムズ(加藤優子)

製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

●字幕翻訳:桜井 文 ●吹替翻訳:松崎広幸/柳澤由美

ストーリー

■第5話「嵐」(原題:Part V)
ボビーは、ドナの父親ジェラルドに、彼の犯した行動は一時的心神喪失が理由だと主張するよう勧めるが、ジェラルドはそれを頑なに拒否する。そこでボビーはジミーと公判の戦略を練った結果、道義心による激情からの行為だったと主張する。ユージーンは強盗容疑の男を公選弁護し、裁判の勝敗についてリンジーらと賭けを行う。一方、エレノアは恋人募集広告で知り合った男性とついにデートすることになる。

■第6話「評決の行方」(原題:Part VI)
ジェラルドの裁判は、敏腕で有名なシルバーマンが検事となった。「娘を殺された父親」として陪審員の同情を買う作戦で、ボビーは証人をジェラルド1人に絞ることにする。そして、最終弁論でボビーとシルバーマンの舌戦が繰り広げられるが……。ユージーンは13歳の少女との淫行容疑で捕まったデイビッドの弁護人となる。少女は妊娠しており、デイビッドは彼女と結婚するつもりだった。

ポイント

●「アリー my Love」のデイビッド・E・ケリー製作
●すべての人の胸を打つ正義と感動のストーリー
●裁判員制度開始で注目されるジャンル、裁判前に必ずチェックしておきたい“法廷ドラマ”のバイブル
●エミー賞にて26部門ノミネート、そして15部門受賞した珠玉の名作!!
アメリカでは第8シーズンまで製作された超人気法廷エンターテイメント・シリーズ
●第7話からヘレン・ギャンブル役でララ・フリン・ボイル登場!
※日本語吹替音声は現存するテレビ放送当時のものをそのまま収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

91分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーサラウンド
2.日本語モノラル ※
1.日本語字幕
2.英語字幕

スタンダード・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント