バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 SEASON2 vol.3
Burn Notice Season2 

謎の解雇通告(ルビ:バーン・ノーティス)。
唯一の希望に、しがみつけ!

FOX2008年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:藤澤睦実/田村紀子 ●吹替翻訳:大森久美子/笹部祐三子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第5話「任務の分散」(原題:Scatter Point)
解雇の調査に専念したいのに、厄介な依頼人はマイケルを放っておいてはくれない。窃盗団の逃走係を務めるトレヴァーが、組織を抜けるための手助けを求めてきた。息子が生まれたばかりだという依頼人にほだされ、マイケルは金庫破りを装って一味に加わる。サムは交際一ヶ月の彼女から結婚を切り出されて大弱り。実は彼には結婚できない秘密があったのだ……。そんな中、窃盗団が宝石店襲撃を計画、マイケルは依頼を果たす好機と考える。

■第6話「反目の結末」(原題:Bad Blood)
マイケルに組織の一員ヴィクター、通称“ラングラー(世話係)”が接触してきた。カーラの新たな指令を伝えるためだ。拒否することを許されない裏の任務を抱えた上、久々に会った幼なじみのリッキーの依頼まで受けることになったマイケル。リッキーにかけられた横領の疑いを解くために真犯人のエディを罠にかけようとするが、ラングラーの妨害にあい計画には暗雲が……。逆境の中、マイケルは任務と依頼を両立させることができるのか?

ポイント

●解雇通告の謎につながるキーパーソンが登場。より危険で熾烈な戦いが始まる!
●全編に張り巡らされた黒幕への強力な伏線で、目が離せない展開に!
●かつて恋人同士だったマイケルとフィオナ。二人の微妙な関係は発展するのか!?
●爆破、銃撃戦、カーチェイスなど派手な見せ場が目白押し。シーズン1を超えるスケールで描くスパイ・アクション。
●FOXイチオシの日本語吹替版、必見!
主人公マイケルの吹替を「ルパン三世」の栗田貫一、吹替版の脚色を「東京DOGS」「THE3名様」の福田雄一が担当。
●全巻のリリース・スケジュールを一挙に解禁!
vol.1-3……4月2日(金)
vol.4-5……4月16日(金)
vol.6-8……5月28日(金)

収録特典

86分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『ザ・プラクティス』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント