キミは日本語吹替の魅力を知っているか?実力派声優が魅せる【吹替】の真実を堪能せよ!

吹替えの帝王 Powered by 20th Century FOX Home Entertainment 企画協力:フィールドワークス

  • 式Facebook
  • 公式Twitter
  • 吹替の帝王〜商品紹介〜
  • 吹替えの名盤〜商品紹介〜
  • 海外ドラマ〜商品紹介〜
  • インタビュー 〜吹替の現場から〜
  • 吹替収録作品
  • 傑作吹替視聴室
  • とり・みきの吹替どうなってるの

INTERVIEW #03

低音の独特のトーンで、吹替黎明期はもとより、現在もバラエティやニュースなどのナレーターとしても活躍を続けている小林清志。ジェームズ・コバーン、リー・マーヴィンのフィックス声優としてだけではなく、『ルパン三世』のクールなキャラクター次元大介としても愛されてきた彼に、「夕陽シリーズ」、マカロニウエスタンの魅力について聞いた。

“声のプロフェッショナル”はマイク位置にこだわる!

『夕陽のガンマン』 『夕陽のギャングたち』
──収録お疲れさまでした。『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン』と、追加収録を聞かせていただいて、声がほとんどお変わりなくて驚きました。
 いやいや、変わっていますよ。吹替の録音はもう30年くらい前でしょう?(『夕陽のガンマン』『続夕陽のガンマン』のテレビ初放送は1973年、『夕陽のギャングたち』は77年) やっぱり声の質が変わっていますね。大ざっぱに言うと、ずいぶん声が太くなってます。(最初の放送版の吹替のときのような)張り詰めた声は、若い時にしか出ないね。ただ、みなさんには「変わってないよ」とは言われますけど(笑)。
──テレビをつければ、朝から晩まで小林さんの声が聞こえるというくらい、現在はナレーションでご活躍されてますね。
 毎回、自分でナレーションをやった番組は録画するんです。(自分の)状態は変わらなくても、マイク位置によっては相当声が違ってしまうんですよ。だから、ミキサーの方にちゃんとしていただかないと、ナレーションがめちゃくちゃになってしまうんです、要するに、最初にマイク位置がピシッと決まらないと、声がボケてしまって気持ちが悪い。そのままオンエアされてしまうのは嫌なので、自分で確認するんです。自分が同じようにしゃべっても、マイク位置によって(録音された声は)変わってしまう。だから、今日もマイクの位置については、だいぶ注文を出しましたね。技術的に同じように声を出しても、マイクの位置によって「今日はスカスカだなぁ」とか、自分で声の違いが分かるんですよ。今回の(収録分)も、前の吹替とうまくなじんでいればいいんですが。
──違和感がなくなじんでいるので驚きました。
 そうですか(笑)、ありがとうございます。商品が出たら、聞いて確認させていただきます。ある意味楽しみですね。若いときは勢いがありましたから、後で聞き直して、我ながら「おぉ、こんなだったのか!」なんて思うときもありますよ(笑)。
──富田耕生さん(アーネスト・ボーグナイン役)と共演されている『北国の帝王』は、勢いがすごかったです。
 リー・マーヴィンはだいぶやりましたけどね。あの人は、声を出すのが一番難しいです。彼は低い声だけでなく、張る声が多い。だから、(声をアテるときは)こちらも低いだけじゃなく、張りが必要になる。非常に苦労しましたね。
──『夕陽のガンマン』のジャン・マリア・ヴォロンテについての印象は?
 『夕陽のガンマン』では、イーストウッドの相手役(モーティマ大佐)を、レオーネ監督がいろいろな俳優に交渉したんだけどダメだった、という話がありましたね。それで、リー・ヴァン・クリーフになったと聞いています。悪役で鳴らしていた彼が正義の味方を演じるわけで、それに対抗するには相当強烈な役者が必要だ、ということで、ジャン・マリア・ヴォロンテになったんです。私は、大好きな役者なんですよ。(ヴォロンテの)役の依頼が来たときは、「やっとできるか!」と嬉しかったです。
──もともとヴォロンテは、イタリアの社会運動などをやっていた俳優ですね。
 コミュニストでしたね。私は進歩的な俳優が好きだから、感性が割りと合うんです。それにね、彼と私は年齢が同じ。「ひとめぼれ」じゃないですが、、本当に好きな俳優です。色気もあるしね。
──『荒野の用心棒』でも、ヴォロンテを小林さんが担当したものがあるんですよ。日曜洋画劇場の初放送版で、イーストウッドは山田康雄さんではなく、納谷悟朗さんでした。『荒野の用心棒』のほうが『夕陽のガンマン』より放送が早く、その流れで『夕陽のガンマン』でもヴォロンテの声を担当されたのだと思います。
 『荒野の用心棒』でも(ヴォロンテを)演じてましたか。 別の方が演じたのもあるでしょう?
──はい、山田康雄さんで『荒野の用心棒』を録り直したときに、ヴォロンテは内海賢二さんが担当でした。
 そうだ、ケン坊(内海賢二さんの愛称)が演ってたね。そのイメージがあるんですが……最初に(私が)演じていたんだ。
──視聴者の方にはヴォロンテは小林清志さん、というイメージが意外とあるようです。『群盗荒野を裂く』でもアテられてます。発売中のDVDに当時のテレビ吹替が収録されていまして、小林さんは劇中で素晴らしい鼻歌を歌われてました(笑)。
 そうだったっけなあ。やった記憶はあるなあ……。

『夕陽のギャングたち』がお気に入り。マカロニには浪花節が似合う!?

『北国の帝王』 『北国の帝王』
──映画のジャンルとして、マカロニウエスタンはお好きでしたか?
 好きですね。私がデビューした当時は悪役が多かったから、(マカロニウエスタンのような)男くさい役が結構きたんですよ。春日正伸さんという音響ディレクターがいらっしゃって、いつも同じような役者をキャスティングするんです。「春日組」なんて呼ばれていまして、そのメンツの一人として、マカロニウエスタンの吹替によく参加していました。
──今はテレビの吹替が収録されたDVDが発売されているので、小林さんが声を演じられているものが結構あるんです。
 当時は自分の声を(改めて)聞くという機会がなかったけど、今は昔のDVDで聞けばいいんだね。ところで、少し前に『夕陽のギャングたち』をテレビで放送していましたね。
──7年前に、DVD用に吹替新録をしたものですね。テレビ版の吹替素材が70分にカットされたものしか残っていなくて、全編吹替をやり直したんです。
 あれはすごくいい映画ですよね。格好いいし、私は大好きです。調べてみたら英語の題名に変なのがついていましたね(「Duck You, Sucker」のこと)
──英語の先生に調べてもらったところ、どうやら70年代に使っていた言葉で、レオーネ監督はそれがアメリカでよく使われていると思って付けたようですが、もう死語になっていたようです。直訳すると「伏せろ」なんですが、「ばかみたい」という意味もあるらしいです。
 エンニオ・モリコーネの音楽が、すごくいい。あの音楽が作品を盛り上げている。レオーネ監督の映画は、どのシーンを取っても絵になるし、ファッショナブルですね。すばらしいよ。
──決闘シーンではあの音楽が流れたらもう……引き金を引くまでに何分もかかる(笑)。音楽がなかったら成立しないですね。
 マカロニウエスタンは「間」が長いでしょう?字幕では間がもたないと思うんです。マカロニだけは、日本人が吹き替えたほうがピンとくる。昔は歌舞伎役者の方が西部劇(の吹替)で声を演じていたりしていたんですから。当時、浪曲家の相模太郎さんの息子さんの相模武さん(後に二代目相模太郎を襲名。『怪物くん』のフランケン、『ハクション大魔王』のブル公等で知られる)が声の仕事をやっていて、ガラガラの声が西部劇にぴったりでね。マカロニウエスタンの映像で相模さんに唸ってもらって、裏に浪曲でも流したら、意外に合って面白いんじゃないかと思ったりもします(笑)。

トミー・リー・ジョーンズは任せろ!

──L・マーヴィンやJ・コバーンなど、声を担当された俳優には亡くなられた方もいますが、今後演じてみたい俳優さんはいらっしゃいますか?
 ヤスベエ(山田康雄氏の愛称)が演じていたクリント・イーストウッドでは、ビデオメーカーさんによく仕事のお声をかけていただいています。イーストウッド、トミー・リー・ジョーンズを演じたいですね。
──(ジョーンズは)最近結構出てますね。缶コーヒーのCMでは本人のモノローグという設定で、谷口節さんが声を担当されています。ビデオ等で菅生隆之さん(ジャン・レノの吹替で有名)が担当されていても、テレビ放送の際は小林さんで録り直しが放送されている場合も多いようですが。
 菅生君にはよく言っているんですよ。「(ジョーンズに)全然合ってない。気取った声を出してちゃダメだよ」て、冗談ですけどね(笑)。私は『逃亡者』『追跡者』や『ボルケーノ』のテレビ版で声をやりました。ジョーンズ作品の吹替を作るときは、ぜひ私に声を掛けてください(笑)。
──モーガン・フリーマンはいかがですか?
 モーガン・フリーマンも演じたいですね。『フラッド』で声をやって、その前に1本やったんですけど、その後全然話がこない。
──じゃあ、今日はFOXのご担当者さんも同席されていますし…(笑)。
 モーガンの声、やらせてください(笑)。彼は現役で、これからも出演作がありますし。彼は若い俳優ではないので、若い人が声をアテることもないし、私が演じさせてもらえればなあと。今のイーストウッドも私に近い世代だから、私がいいんじゃないかと思います(笑)。……マネージャーか!?
2009年8月19日/於 オムニバスジャパン TFCスタジオセンター/聞き手:フィールドワークス 文:村上 健一

商品情報

  • 夕陽のガンマン
  • 夕陽のギャングたち
  • 北国の帝王
新着情報
外国映画を吹替え版でより楽しんで頂くためのサイトが誕生!吹替え専門サイト ふきカエル大作戦!!
  • L.A.コンフィデンシャル製作20周年記念版
  • 「コマンドー」アンコール発売
  • ヒート
  • エイリアン2
  • ID4
  • X-ファイル
  • ウェイワード・パインズ 出口のない街
  • ダイ・ハード/ラスト・デイ

新着情報

2019.3.5「エイリアン4」高乃 麗インタビューを追加しました。

2019.2.5「エイリアン3」吉田理保子インタビューを追加しました。

2018.12.5「プレデター2」大塚芳忠インタビューを追加しました。

2018.11.5「Mr.&Mrs.スミス」堀内賢雄インタビューを追加しました。

2018.10.5「ブレイブハート」日野由利加インタビューを追加しました。

2018.9.7「ポセイドン・アドベンチャー」羽佐間道夫インタビューを追加しました。

2017.12.20「劇場版 SPACE ADVENTURE コブラ <4K ULTRA HD>」榊原良子インタビューを追加しました。

2017.11.22「L.A.コンフィデンシャル」江原正士&伊達康将インタビューを追加しました。

2017.10.06「エイリアン2」田中秀幸インタビューを追加しました。

2017.09.22傑作吹替視聴室Vol.26:『猿の惑星』を追加しました。

2017.09.01「エイリアン2」鈴木弘子インタビューを追加しました。

2017.08.25傑作吹替視聴室Vol.25:『エイリアン』を追加しました。

2017.08.04「インデペンデンス・デイ」古川登志夫インタビューを追加しました。

2017.07.28傑作吹替視聴室Vol.24:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を追加しました。

2017.07.03『インデペンデンス・デイ』山寺宏一インタビューを追加しました。

2017.06.23傑作吹替視聴室Vol.23:『シザーハンズ』を追加しました。

2017.05.26傑作吹替視聴室Vol.22:『LOGAN/ローガン』公開記念!を追加しました。

2017.04.28『ヒート 製作20周年記念版<2枚組>』菅生隆之【後編】インタビューを追加しました。

2017.03.31『ヒート 製作20周年記念版<2枚組>』菅生隆之【前編】インタビューを追加しました。

2017.02.24『ダイ・ハード/ラスト・デイ』樋浦勉インタビューを追加しました。

2017.01.27『サンズ・オブ・アナーキー』森川智之&五十嵐麗インタビュー【後編】を追加しました。

2017.01.06『サンズ・オブ・アナーキー』森川智之&五十嵐麗インタビュー【前編】を追加しました。

2016.12.22『ホーム・アローン』矢島晶子インタビューを追加しました。

2016.12.09『ホーム・アローン』折笠愛インタビューを追加しました。

2016.10.21『王様と私』壌晴彦インタビュー【後編】を追加しました。

2016.10.07『王様と私』壌晴彦インタビュー【前編】を追加しました。

2016.09.09『X-ファイル』戸田恵子インタビューを追加しました。

2016.08.19『ターミネーター』小山力也インタビューを追加しました。

2016.08.12『ターミネーター』大友龍三郎インタビューを追加しました。

2016.07.22『マイノリティ・リポート』佐藤拓也【後編】インタビューを追加しました。

2016.07.08『マイノリティ・リポート』佐藤拓也インタビューを追加しました。

2016.06.24『コマンドー』若本規夫インタビューを追加しました。

2016.06.10傑作吹替視聴室Vol.21:吹替の名盤特集第四弾を追加しました。

2016.05.27『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』小杉十郎太&相沢恵子&春日一伸インタビューを追加しました。

2016.05.13『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』福永莞爾&平田勝茂インタビューを追加しました。

2016.04.15傑作吹替視聴室Vol.20:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集第3弾を追加しました。

2016.04.01傑作吹替視聴室Vol.19:吹替の名盤特集第三弾を追加しました。

2016.03.18傑作吹替視聴室Vol.18:吹替の名盤特集第二弾を追加しました。

2016.02.29傑作吹替視聴室Vol.17:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集第2弾を追加しました。

2016.01.29傑作吹替視聴室Vol.16:『X-ファイル コレクターズブルーレイBOX』特集を追加しました。

2015.12.04『ウェイワード・パインズ 出口のない街』津田健次郎インタビューを追加しました。

2015.11.13『glee/グリー』坂本真綾&早川陽一インタビューを追加しました。

2015.11.12傑作吹替視聴室Vol.15:吹替の名盤特集第1弾を追加しました。

2015.10.16『Fargo/ファーゴ』森川智之インタビューを追加しました。

2015.09.30『コマンドー』玄田哲章&土井美加インタビューを追加しました。

2015.08.14『エイリアン』大塚明夫インタビューを追加しました。

2015.08.14『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』田中敦子インタビュー第1弾を追加しました。

2015.07.14『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビュー第3弾を追加しました。

2015.07.19『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビュー第2弾を追加しました。

2015.06.30吹替の帝王『エイリアン』幸田直子インタビューを追加しました。

2015.06.30『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』小山力也インタビューを追加しました。

2015.06.30吹替の帝王 公式サイトをリニューアルオープンしました!

  • INTERVIEW
  • メルマガの登録はこちら!
  • 外国映画を吹替え版でより楽しんで頂くためのサイトが誕生!吹替え専門サイト ふきカエル大作戦!!
Page Top

吹替の帝王シリーズ

  • 吹替の帝王シリーズ誕生 史上最強の「コマンドー」
  • 吹替の帝王第二弾 史上最強の「ダイ・ハード」
  • 吹替の帝王第三弾 史上最強の「プレデター」
  • 吹替の帝王第四弾 史上最強の「ロボコップ」
  • 吹替の帝王第五弾 史上最強の「スピード」
  • 吹替の帝王第六弾 史上最強の「猿の惑星」
  • 吹替の帝王第7弾 史上最強の「エイリアン」
  • 吹替の帝王第8弾 コマンドー30周年
  • 吹替の帝王第9弾 史上最強の「ターミネーター」
  • 吹替の帝王第10弾 史上最強の「ホーム・アローン」
  • 吹替の帝王第11弾「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
  • 吹替の帝王第12弾「インデペンデンス・デイ」
  • 吹替の帝王第12弾「エイリアン2」
  • 吹替の帝王 コマンドー 完売につきアンコール発売決定!
  • 吹替の帝王 ポセイドンアドベンチャー
  • 吹替の帝王 プレデター
  • 吹替の帝王第16弾「エイリアン3」
  • 吹替の帝王第17弾「エイリアン4」
  • 吹替の帝王第18弾「プロメテウス」