夢を届けて75年。20世紀フォックス創立75周年

20世紀フォックス トリビア

歴史ページトップへ戻る

75年の歴史を彩ったハリウッドスターたち

“フォックスの顔”ともいうべき6人をピックアップ!

知っていればもっと楽しい トリビア・オブ・フォックス

1979年に新オーナーとなった石油王マービン・デイビスの下でらつ腕を振るった女性本部長、創立者父子の明と暗、映画界一有名になった本社ビルなど、20世紀フォックス作品のウラ側が見えてくるチョイ・ネタをどうぞ!

20世紀フォックス作品世界興収ランキング

1位 アバター (2009) 27億2720万2090ドル
(日本興収=155億円)
監製脚編ジェイムズ・キャメロン
出サム・ワーシントン
2位 タイタニック (1997) 18億4320万1268ドル
(日本興収=262億円)
監製脚ジェイムズ・キャメロン
出レオナルド・ディカプリオ
3位 スター・ウォーズ
エピソード1 ファントム・メナス
(1999) 9億2431万7558ドル
(日本興収=127億円)
監揮脚ジョージ・ルーカス
出ユアン・マクレガー
4位 アイス・エイジ3
ティラノのおとしもの
(1909) 8億8478万4626ドル
(日本興収=2.5億円)
監声カルロス・サルダーニャ
声ジョン・レグイザモ
5位 スター・ウォーズ
エピソード3 シスの復讐
(1905) 8億4875万4768ドル
(日本興収=91億円)
監揮脚ジョージ・ルーカス
出ヘイデン・クリステンセン
6位 インデペンデンス・デイ (1996) 8億1740万891ドル
(日本配収=66.5億円)
監揮脚ローランド・エメリッヒ
出ウイル・スミス
7位 スター・ウォーズ
エピソードIV 新たなる希望
(1977) 7億7539万8007ドル
(日本配収=44.5億円)
監揮脚ジョージ・ルーカス
出マーク・ハミル
8位 アイス・エイジ2 (2006) 6億5538万8158ドル
(日本興収=10億円)
監声カルロス・サルダーニャ
声ジョン・レグイザモ
9位 スター・ウォーズ
エピソード2 クローンの攻撃
(2002) 6億4939万8328ドル
(日本興収=93.5億円)
監揮脚ジョージ・ルーカス
出ヘイデン・クリステンセン
10位 ナイト ミュージアム (2006) 5億7448万841ドル
(日本興収=36億円)
監製ショーン・レビィ
出ベン・スティラー

歴代ロゴに見るフォックスの“20世紀”

右から4つはウイリアム・フォックスがNYからハリウッドに移り設立したフォックス・フィルム時代のもの。現在も使われている立体のロゴが、1935年の合併時にすでに組み込まれていたのもわかる。1974年の”ネオン型”も当時のカルチャーを反映していて興味深い

ロゴで遊んじゃった 変わり種オープニング

計9回のオスカーを受賞している名映画作曲家アルフレッド・ニューマンによる軽快なファンファーレに乗って映し出される20世紀フォックスのオープニング・ロゴ。インターネットを中心に多くのパロディ映像もつくられるほどファンにとってはおなじみのこの映像は、数々の作品で、そのテイストに合わせてアレンジされている。ロゴにまであふれ出た製作者の遊び心を感じたい

DVDでーた7月号より転載(http://www.dvddata-mag.com/)文:村山章

TOP