1. Skip to FOX main navigation
  2. Skip to show navigation
  3. Skip to content
  4. Skip to global fox navigation

キャスト&スタッフ

ジャック・バウアー

JACK BAUER ジャック・バウアー

元CTUロサンゼルス支局の捜査官。新たな人生を求めて新天地へと旅立つが、公聴会にかけられるためアメリカに強制送還させられ、再び事件に巻き込まれる。シーズンIでは大統領候補暗殺事件を阻止すべく単身テロ組織に乗り込み、シーズンIIでは核爆弾の爆破を食い止めるべく決死の奔走。シーズンIIIでは細菌兵器で世界を脅かす麻薬カルテルに潜入し、シーズンIVでは自分の命と引き換えにアメリカをテロから守る。シーズンVでは神経ガスによるテロを食い止めると共に大統領の陰謀も暴き、シーズンVIではテロ事件と家族の関与に心を痛めながらも正義を貫いた。責任感が強く、任務は絶対に遂行する、まさに信念の男。しかし、捜査にのめり込みすぎて、自分自身や周りをも危険にさらす場面も多い。

KIEFER SUTHERLAND キーファー・サザーランド

ジャック・バウアーにリアルな人間味を与え、映画に勝るとも劣らないテレビドラマの人気に貢献。ジャック=キーファーと言えるほどのハマリ役で、エミー賞ほか各賞を受賞。シーズンII~Vでは製作を、VIからは製作総指揮に名を連ねている。1966年12月21日生まれ、イギリス・ロンドン出身。父ドナルド・サザーランドとの共演作『ニール・サイモンのキャッシュマン』('83)で映画デビュー。カナダ映画『ベイ・ボーイ』('84・V)で注目され、『ロンリー・ブラッド』('85)『スタンド・バイ・ミー』('86)などの演技で、若き実力派として話題を集める。また、93年の『要塞監獄/プリズナー107』では主演のみならず監督業に進出。『気まぐれな狂気』('97)でも監督兼主演を務めている。 近作は、サスペンス・ホラー『ミラーズ』('08)。その他の出演作は、『ロストボーイ』('87)『ヤングガン』('88)『フラットライナーズ』('90)『三銃士』('93)『評決のとき』('96)『ダークシティ』('98)『バロウズの妻』('00)『フォーン・ブース』('02)『テイキング・ライブス』('04) 『ザ・センチネル』('06)など。