海外ドラマ FOX TV SERIES CENTRAL
海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR- シーズンIV』| 20世紀フォックス ホーム エンタテイメント

エピソード・ガイド

vol.1写真1vol.1写真2
7:00-8:00

7:00

RENTAL:DVD/VHS「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV」vol.1に収録【9月2日レンタル開始】
SELL:DVD「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV DVDコレクターズ・ボックス」vol.1に収録【11月25日発売(予定)】
サンタクラリタで列車の爆破事件が発生。混乱に乗じて乗客のブリーフケースが何者かに奪われる。CTUではトルコの大物テロリストがこの事件に関わっているとみて捜査を続けていた。同じ頃、ジャックは国防総省長官ヘラーの代理で、すっかり顔ぶれが変わった古巣のCTUを訪れていた。連行されてきた容疑者を見たジャックは、列車爆破とは別の狙いがあるのではないかと不審を抱く。そして、CTUのスタッフの制止を振り切って強硬手段に訴えると、テログループの本当の狙いはヘラー長官誘拐であることが発覚する。
8:00-9:00

8:00

RENTAL:DVD/VHS「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV」vol.1に収録【9月2日レンタル開始】
SELL:DVD「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV DVDコレクターズ・ボックス」vol.1に収録【11月25日発売(予定)】
ジャックの警告も虚しく、ヘラー長官と娘のオードリーはテログループに拉致されてしまった! ジャックはCTUの現チーフ・ドリスコルに、長官救出まで暫定的に現場に戻りたいと掛け合うが拒否される。一方、クロエはトルコ発信のネット攻撃が仕掛けられているという情報を友人のアンドリューから入手。ドリスコルに報告するが取り合ってもらえず、かつての上司だったジャックに判断を仰ぐ。
vol.2写真1vol.2写真2
9:00-10:00

9:00

RENTAL:DVD/VHS「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV」vol.2に収録【9月2日レンタル開始】
SELL:DVD「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV DVDコレクターズ・ボックス」vol.2に収録【11月25日発売(予定)】
クロエの友人アンドリューはネット攻撃を見つけたためにテロリストに誘拐されてしまう。いち早く事態を察知したジャックは犯人を追跡するが、現場を仕切られたくないドリスコルはすぐに犯人拘束を命令する。しかし、このままアジトまで追跡することが長官救出の近道と考えたジャックは、またもCTUを無視して独断で行動しドリスコルと対立を深める。孤立無援になったジャックは密かにクロエに連絡を取り、衛星を使って支援するよう頼む。
10:00-11:00

10:00

RENTAL:DVD/VHS「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV」vol.2に収録【9月2日レンタル開始】
SELL:DVD「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV DVDコレクターズ・ボックス」vol.2に収録【11月25日発売(予定)】
テロリストに拘束されているヘラー長官とオードリーは、刻々と迫る“公開裁判”を前に脱走を企てるが失敗する。CTUでは独断で行動するジャックの行方を追っていたが、クロエが密かに協力していたことが発覚し彼女は拘留される。テロリストの通信記録を聞いたドリスコルは、不本意ながらジャックの言う通りテロリストを泳がせてジャックに追跡させることに同意する。
vol.3写真1vol.3写真2
11:00-12:00

11:00

RENTAL:DVD/VHS「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV」vol.3に収録【9月2日レンタル開始】
SELL:DVD「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV DVDコレクターズ・ボックス」vol.3に収録【11月25日発売(予定)】
地元警察やCTUと連携したジャックは、あと一歩でアジトというところまで迫るが、尾行されていることに気づかれ手がかりを失う。“公開裁判”が直前に迫ったためCTUは付近への海兵隊派遣を要請するが、突入の準備中に大統領から中止命令が。“公開裁判”の模様がインターネットで世界中に流れることを何としても止めたい政府は、救出の見込みが低くなった今、人質ごとアジトを消滅させるミサイル攻撃を指示する。
12:00-13:00

12:00

RENTAL:DVD/VHS「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV」vol.3に収録【9月2日レンタル開始】
SELL:DVD「24 -TWENTY FOUR- シーズンIV DVDコレクターズ・ボックス」vol.3に収録【11月25日発売(予定)】
テロリストグループによるヘラー長官を被告とする“公開裁判”が始まった。大統領はミサイル攻撃を許可するが、ジャックは退避命令を拒否し単身アジトに潜入、処刑寸前にヘラー長官とオードリーを救出する。そして、この功績によりジャックは事件解決までCTUに復帰が認められる。制圧されたアジトからは今朝の列車爆破事件で奪われたブリーフケースがみつかり、国内140箇所の原子力発電所を遠隔操作できる装置が納められていたことがわかる。