海外ドラマ FOX TV SERIES CENTRAL
海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR- シーズンIV』| 20世紀フォックス ホーム エンタテイメント

キャスト&スタッフ

ジャック・バウアー

元CTUロサンゼルス支局の捜査官。CTUを解雇された現在は、国防長官ジェームズ・へラーの下で働いている。シーズンIでは、大統領候補暗殺計画を阻止するため単身テロ組織に乗り込み、シーズンIIでは、核爆弾の爆破を食い止めるべくまさに必死の奔走。さらにシーズンIIIでは、脅威の細菌兵器で世界を脅かす麻薬カルテルに命懸けの潜入。そして最新作シーズンIVでは、全米を震撼させる原発テロを阻むために全身全霊かけて闘う。責任感が強く、任務は絶対に遂行する、信念の男。しかし、捜査にのめり込みすぎて、たびたび自分の命を危険にさらす、破滅型のアウトローでもある。

キーファー・サザーランド

ジャック・バウアーに人間味とリアリティを与え、まさにジャック=キーファーといえる彼の代表作となった本シリーズ。シーズンII~IVでは製作も務めている。1966年12月21日生まれ、イギリス・ロンドン出身。父ドナルド・サザーランドとの共演作『ニール・サイモンのキャッシュマン』('83)で映画デビュー。カナダ映画『ベイ・ボーイ』('84・V)で注目され、『ロンリー・ブラッド』('85)『スタンド・バイ・ミー』('86)などの演技で、若き実力派として話題を集める。また、93年の『要塞監獄/プリズナー107』では主演のみならず監督業に進出。『気まぐれな狂気』('97)でも監督兼主演を務めている。最近作は、『フォーン・ブース』('02)『テイキング・ライブス』('04)。その他の出演作に、『ロストボーイ』('87)『ヤングガン』('88)『フラットライナーズ』('90)『三銃士』('93)『評決のとき』('96)『ダークシティ』('98)『バロウズの妻』('00)など。

ジャック・バウアー写真

ジェームズ・ヘラー

アメリカ合衆国の国防総省長官。ジャックの上司で、オードリーの父親。娘のオードリーと共にテロリストに誘拐されるのが、今回のテロ攻撃の始まり。目的は、インターネットを通して、正義の名の下に殺戮を行ってきたアメリカの代表として、ヘラーを公開処刑の裁判にかけるためだ。

ウィリアム・ディヴェイン

1940年9月5日、ニューヨーク州アルバニー生まれ。演劇学校で演技を学び、卒業後ブロードウェイへ。数多くの舞台で経験を積み、'71年にロバート・アルトマン監督の『ギャンブラー』で映画デビュー。その後も、『マラソンマン』('76)のジーンウェイ役や、『ローリング・サンダー』('77)の主役・空軍将校役で印象深い演技をみせる。その他にも、『ヤンクス』('79)『テスタメント』('83)『ペイバック』('99)『スペース・カウボーイ』('00)などに出演。また、多くのTVムービーにも出演している。

ジェームズ・ヘラー写真

オードリー・ヘラー・レインズ

父親である国防総省長官へラーの下で働く、ジャックの恋人。ただし彼女には、別居中とはいえ夫ポール・レインズがいる身。ジャックを本気で愛しているが、今まで知らなかったジャックの凶暴な面を目の当たりにし、気持ちが大いに揺れ動く。

キム・レイヴァー

日本では「サード・ウォッチ/NY事件ファイル」の救命士キム役で知られるレイヴァーは、1969年3月15日、ニューヨーク生まれ。'75年に、TVの子供番組「セサミストリート」にレギュラー出演したのが、キャリアの始まり。同番組には'78年まで出演した。その後、劇団やスクールで演技力を磨き、「Central Park West」('95)「ロー&オーダー」('96)「ER」('02)などのTVシリーズに出演。そして、「サード・ウォッチ」('99~'04)で注目を集め、このシーズンIVに抜擢された。

オードリー・ヘラー・レインズ写真

エリン・ドリスコル

CTUロサンゼルス支局の支部長。けっして自分の手は汚さない、つねに保身を考えている冷静非情な女性。ゆえに、ジャックや部下ともたびたび衝突する。しかし、そんな彼女も唯一、情緒不安定な娘マヤにだけは母親の顔を覗かせる瞬間も。

アルバータ・ワトソン

1955年3月6日、カナダのトロント生まれ。15歳で学校をやめ、俳優の道を志す。トロント・シアター・カンパニーに加入し、その後、渡米。マイケル・マン監督のホラー『ザ・キープ』('83)をはじめ、『スウィート ヒアアフター』('97)『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』('01)など、個性のある映画に出演。その一方で、TVシリーズ「ニキータ」('97~'01)にレギュラー出演し、マデリーン役で一躍有名に。ほかにも「ロー&オーダー」('91/'92)をはじめ、数多くのTVシリーズに出演している。

エリン・ドリスコル写真

クロエ・オブライエン

CTUのエージェント。シーズンIIIでは仕事の重圧に押しつぶされそうだったクロエも、今やCTUのIT部門を担う優秀な人材。しかも、ジャックのためなら業務を逸脱してまでサポートする勇気もみせる。ただ、よけいなひと言も多く、世渡りベタなのが難点。

マリー=リン・ラジスカブ

1971年6月22日、米ミシガン州デトロイト生まれ。本シリーズではしかめっ面のラジスカブだが、じつはコメディエンヌでもある彼女。人気コメディアン、ボブ・オーデンカークとデヴィッド・クロスのTV番組「Mr. Show」('95-'96)から、この世界に入る。 '96年から'98年にかけては「The Larry Sanders Show」にレギュラー出演。その後、映画の世界にも進出。『ピンク・ピンク・ライン』('96)『ストーリーテリング』('01)『パンチドランク・ラブ』('02)『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』('03)などに出演している。

クロエ・オブライエン写真