「24 -TWENTY FOUR-」の新旧主人公を担当した声優の鈴木達央と小山力也には意外な共通点が!? | 「24 -TWENTY FOUR-」「プリズン・ブレイク」声優トークイベント

海外ドラマの双璧として今なおファンを魅了し続けている大ヒットリアルタイム・サスペンス「24 -TWENTY FOUR-」と、伝説のタイムリミット・サスペンス「プリズン・ブレイク」。待望の復活を遂げたこの2作品のブルーレイ&DVDリリースを記念して、7月24日秋葉原UDXシアターにて、豪華声優によるトーク付き試写会が開催された。

会場には、「24 -TWENTY FOUR-」からジャック・バウアー役の小山力也、最新作「24 -TWENTY FOUR- レガシー」から新主人公エリック・カーターに抜擢された鈴木達央、「プリズン・ブレイク シーズン5」からはマイケル・スコフィールド役の東地宏樹が登場し、シリーズ復活の感想や収録時の裏話など、ここでしか聞くことのできない貴重な話を聞かせてくれた。

 

(左から)「24 -TWENTY FOUR-」ジャック・バウアー役の小山力也、「24 -TWENTY FOUR- レガシー」エリック・カーター役の鈴木達央、「プリズン・ブレイク シーズン5」マイケル・スコフィールド役の東地宏樹

 

前作「24 -TWENTY FOUR-」で絶大な存在感を発揮した人気キャラクター ジャック・バウアーに匹敵する「24 -TWENTY FOUR- レガシー」の新主人公エリック・カーター。そんな大役の声を担当することにプレッシャーを感じるかと聞かれた鈴木は、自分のできることはやりつくしたと満足そうにこう話した。

シーズンを通して自分の中でできるエリックとして生きることっていうのは全てフィルムの中に日本語吹き替えとして入れることができたかなと思っております。

 

 

また、前作品でジャックを演じた小山との共通点をスタッフから聞かされ、その思いがけない一言に感動したという。

自己満足としての一つの嬉しいことがあって、打ち上げの時に音響で僕らの声をとってくれるミキサーの方に「意識してた?」って言われて、「何をですか?」って言ったときに、「力也さんの芝居とか」みたいなことを言われて・・。

もちろんよぎることはあったんですけども、同じ人間がやることではないので、そして、同じ役ではないので、そこを考えすぎてはいけないと思いながらエリックとは向かっていたので、なるべくそこは考えずに自分の出てくるものを信じて演じていけたらいいなと思っていたんですけれども、そのミキサーさんに言われたのが、「力也さんと声の波形が全く一緒だ」っていうことを言われて、これは本当に個人的になんですけど、ジャック・バウアーとは違ってエリック・カーターとして生きることができた一つの自分の中での嬉しかった出来事だなと思いました。

本当に自己満足なんですけど、そういうことがあったなと思いながら、今日初めてジャックの力也さんと一緒に並ばせていただいて、こういう場所にいられるのは本当に幸せだなと思いますし、そういう意味ではちょっとした接合点みたいな繋がりみたいなものをレガシーとしては作れたのかなとは個人的には思っていますね。

 

 

この発言に対し小山も、鈴木が新主人公に選ばれたことがとても嬉しかったと配役決定を聞かされたときの気持ちをこう振り返った。

嬉しいですね。ある番組にたっつんがゲストで来てくれた時に初めて僕に「今度やることになりました」とおっしゃってくださったんですが、単純に本当に嬉しかったです。たっつんで良かったなと思いました。周りに対してはとても顕著で、自分にとても厳しい人間ですからね。

彼だったら間違いないなと思います。大体、いいのは一発聞いたら分かるんですよね。一声聞けば。逆もそうなんですけど。いいのは一声聞けばわかるんで、聞いてすぐに「ああ。もう大丈夫だ」と思いました。きっと最後まで素晴らしい作品になっていると思います。

 

小山も太鼓判を押す鈴木の演技を、「24 -TWENTY FOUR- レガシー」でぜひ味わっていただきたい。