小山力也、シリーズ当初は私生活でもジャック・バウアーさながらに「クソー」を連発!? 知られざる役づくりの苦労を激白 | 「24 -TWENTY FOUR-」「プリズン・ブレイク」声優トークイベント レポート

海外ドラマの双璧として今なおファンを魅了し続けている大ヒットリアルタイム・サスペンス「24 -TWENTY FOUR-」と、伝説のタイムリミット・サスペンス「プリズン・ブレイク」。待望の復活を遂げたこの2作品のブルーレイ&DVDリリースを記念して、7月24日秋葉原UDXシアターにて、豪華声優によるトーク付き試写会が開催された。

会場には、「24 -TWENTY FOUR-」からジャック・バウアー役の小山力也、最新作「24 -TWENTY FOUR- レガシー」から新主人公エリック・カーターに抜擢された鈴木達央、「プリズン・ブレイク シーズン5」からはマイケル・スコフィールド役の東地宏樹が登場し、シリーズ復活の感想や収録時の裏話など、ここでしか聞くことのできない貴重な話を聞かせてくれた。


(左から)「24 -TWENTY FOUR-」ジャック・バウアー役の小山力也、「24 -TWENTY FOUR- レガシー」エリック・カーター役の鈴木達央、「プリズン・ブレイク」マイケル・スコフィールド役の東地宏樹

 

今となってはジャック・バウアー役がすっかり板に付いている小山だが、意外にも作品のスタート当初は役作りに苦労していたそうで、当時の様子をこう振り返った。

今でこそ若干余裕が出てきたんですが、僕とジャックの共通点はどちらも小心者というところで、とにかくパニくる、慌てる、あがくのが常でしたから、台本もらっても朝10時の収録までに自分の出来上がりが間に合わなくて、やってもやっても終わらなくて、夜中に何度も「くそー」って怒鳴って、ジャックのセリフでも怒鳴るし、本人の素でも怒鳴って、台本を何度投げたかわからないですよ。

もう夜中に「爆発するぞ」って怒鳴ったり、「そっちじゃない逃げろ」って言ったりね(笑)。近所から苦情が来るくらいでした。

しかし、そんな窮地を救ってくれたのは本作品の共演者であったという。

それでまったく寝ずに、「今日絶対ダメだ。間に合わない」と思いながら現場に行って・・。

でも行ったら行ったで、みなさんに助けていただいて、他の共演者の声を聞いたら、今までいくら悩んで一人でできなかったことが、パッとできてしまったりね。そういうありがたい思いもしましたね。

ジャック・バウアーといえば今ではすっかりお馴染みとなった人気キャラクターだが、その裏側には声優陣の計り知れない努力があったということがうかがい知れるエピソードだ。

■リリース情報

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」

ブルーレイ&DVD 好評発売中 ※字幕版・吹替版収録
好評デジタル配信中 ※字幕版・吹替版同時

(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.