“眠らない男”ジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドが「24」シリーズを語る![その3] ジャック・バウワーを演じることを辞めた理由とは?

人気海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」で主人公ジャック・バウアーを演じてきたキーファー・サザーランドが、同シリーズとの関係についてインタビューで告白。ジャックを演じることを辞めた理由や同シリーズとの今後の関わり方について語っている。

“眠らない男”ジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドが「24」シリーズを語る![その2] 撮影中の楽しかった瞬間って?

2017.06.20

“眠らない男”ジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドが「24」シリーズを語る![その1] 「24出演時は人生で最良の時期」

2017.06.11

キーファーがジャックを演じることを辞めた理由

今年2月より、全米では「24」の新シリーズとなる「24 -TWENTY FOUR- レガシー」が放送された。主人公はジャック・バウアーからバトンを受け取った、陸軍特殊部隊のエリック・カーター。キーファーは本作のエグゼクティブ・プロデューサーを務め、陰でシリーズを見守る立場となった。多くのファンが「キーファーにジャックを演じ続けてほしかった」という声をあげるなか、なぜキーファーはジャックというキャラクターに一旦別れを告げたのだろうか?

ポッドキャスト「Talk Is Jericho」に出演したキーファーは、その理由を次のように述べている。

俺が死ぬその日まで、この番組をやりたいと思っていた。キャラクターが好きだし、一緒に働いたスタッフのことも好きなんだ。それに番組を楽しんでくれた視聴者のみんなは、俺にとても親切にしてくれた

 

だが、正直に言わせてもらうと、たった一人の男がどれだけ最悪な一日を味わうことができると思う?俺らはすでに9シーズン分をやった。確かシーズン6辺りで、『オーケー、もう十分やっただろ』ってな感じになったのを覚えている。だから、キャラクター、そして俺にとってこの番組が意味することへの敬意を表して、出演しないって決めたんだ。俺がいつも言ってきたことだが、この番組で一番大事なのは主人公にリアリティーがあるってことなんだ

 

今後シリーズに戻ってくる可能性は?

現在キーファーは、新ドラマシリーズ「サバイバー 宿命の大統領」に主演中で、無事にシーズン2の放送も決まったばかり。それでもファンは、いつかキーファーがジャックとして戻ってくる日を願ってやまない。その声は確実にキーファーの元にも届いているようで、それに対し次のように述べている。

この件については、“絶対にできないとは言わない”と学んだんだ。だって、シーズン8を終えた時、もうジャックを演じることはないと言った。だが、製作陣はイギリスを舞台にするという素晴らしいアイディアを思いついたんだ

 

本当のところ、『24:リブ・アナザー・デイ』をやったのは、これまで一緒に働いてきた人たち、つまり監督のジョン・カサーと(製作総指揮の)ハワード・ゴードンのことが恋しくなったからだ。それに、俺自身、20世紀フォックスとは良い関係を築けている。それに、『24』は俺の人生の中の10年間を占めている。シーズン1の頃の娘の写真を見ていたんだが、彼女は人形いつも持ってポニーテールをした可愛らしい少女だった。それが、番組の最後では、娘が大学を卒業するまでになっていた。本当に長い時間を、この番組と共に過ごしてきたのが分かるだろ

「24」とは強い絆で結ばれていると明かしたキーファー。新作「レガシー」でのゲスト出演は叶わなかったものの、今後きっと、またジャックとして戻ってきてくれることだろう。