「24 -TWENTY FOUR- レガシー」世界160カ国でスリルと興奮を共有! 作品の圧倒的人気を証明

世界中のファンから熱烈な支持を受ける「24」

日本での海外ドラマ人気を決定づけた大人気シリーズ「24 -TWENTY FOUR-」が新たなキャストで再始動。2月5日より全米にて新シーズン「24 -TWENTY FOUR- レガシー」が放送中だ。「24 -TWENTY FOUR-」の人気ぶりは衰えを知らず、最新シーズンはなんと世界160ヶ国でほぼ同時放映されている。

2001年より放送開始した「24 -TWENTY FOUR-」は、2010年までに8シーズンが放送。その後、復活を望むファンの声が届き、2014年にファイナル・シーズンの4年後を描いたミニ・シリーズ「24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ」が製作。その後も、「24 -TWENTY FOUR-」を求めるファンの声は絶えず、2017年にオリジナルスタッフが集結、キャストを一新し、「24 -TWENTY FOUR- レガシー」が誕生した。

「24」は“社会現象”

放送局FOXは、「24 -TWENTY FOUR- レガシー」を世界中に存在するファンに向けて、160ヶ国でほぼ同時放映することを決定。これまでにも「ウォーキング・デッド」やM・ナイト・シャマラン手掛ける「ウェイワード・パインズ 出口のない街」で同時放映を行ってきたFOX。その背景にはFOXが世界中で築き上げた強固なネットワークはもちろん、番組の人気ぶりが影響しているという。

米映画誌「Variety」は、米FOX局のCEOピーター・ライス氏のコメントを紹介している。

『24 -TWENTY FOUR-』は、まさしく社会現象となっており、160ヶ国のファンの皆様に同時に新作を観ていただけることに興奮しています。

メディアが瞬間的に、グローバルに情報を伝えられるようになった今の時代に、世界中の視聴者は、リアルテイムでストーリーを伝えることを生み出したこのシリーズを、リアルタイムで体験することができることでしょう

シリーズを“社会現象”と表現したライス氏。それほどまでに、「24 -TWENTY FOUR-」が生み出した功績は大きい。

■リリース情報

「24 -TWENTY FOUR- レガシー」

ブルーレイ&DVD 好評発売中 ※字幕版・吹替版収録
好評デジタル配信中 ※字幕版・吹替版同時

(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.