『ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン2』

エピソード

  • 第1話 掟の街 ふたたび

    イーサン・バークが命を捨てて街を守ってから3年の月日が流れていた。ウェイワード・パインズでは、第1世代が実権を握っていてデイビッド・ピルチャーの後継者、ジェイソン・ヒギンズが厳しい掟で街の住民を縛りつけていた。そんな街のあり方に反対するベンやケイトは仲間と共に反乱者としてジェイソンと戦い続けている。そんな頃、医師のテオ・イェドリンが長い眠りを解かれてウェイワード・パインズへやって来る。

  • 第2話 若き独裁者

    いったんはベンたちと一緒にフェンスの外へ出されたテオだが、アビーの襲撃で負傷したケリーの手術のため、再び街へ連れ戻される。そこでテオは妻のレベッカと再会を果たし、ジェイソンからウェイワード・パインズの真実を聞き出すが、受け入れることができずにいた。一方、街の食料不足は深刻を極めており、ジェイソンはCJに相談のうえ、フェンスの外で栽培している作物の収穫作業に着手することを決める。

  • 第3話 昔々 ある街で…

    アビーが姿を消したため、ジェイソンはフェンスの外を調査し街を拡大しようと考えていた。そんな彼の前に、突然パムが現れる。街の指導者デイビッドを殺したパムは、長らく街外れの家に幽閉されていたのだ。一方 イェドリンは、パムからある話を聞かされる。彼がハワイで拉致された時、パムもハワイにいたというのだ。イェドリンが拉致された背景には、彼が思っている以上に多くの事実が隠されているようだった。

  • 第4話 消えたアビー

    アビーに襲われたはずのザンダーだったが、穴の中で目を覚ます。そんな彼の前に、意外な人物が姿を現し、無事に街へと生還する。一方、アビーが姿を消した今がチャンスと考えたCJは、壁の外にある畑の拡張を進言し、ジェイソンの了承を得る。人口増加策を推し進める彼らにとって、食料確保は切迫した課題だった。CJたち調査隊が壁の外へ向かっていると、ベンを見つけたい一心でテレサが同行を志願するのだが…。

  • 第5話 それぞれの秘密

    突然 街に現れたアビーはメスだった。これまでに捕獲したアビーはすべてオスであり、メスは姿を見せたことすらなかった。そのためアビーの研究が進展すると、メーガンたちは期待をする。捕獲されたメスのアビーはマーガレットと名付けられ研究対象となるが、他のアビーたちとは明らかに違っていた。一方では、レベッカが街の建設に意外な関わりを持っていたことが分かる。さらに彼女には、テオに話していない秘密があった。

  • 第6話 反撃の火蓋

    消えたと思われていたアビーが再び姿を現し、畑に火を放った。懸命の消火活動も虚しく、育てていた作物はすべて焼けてしまい、さらには多数の死傷者を出す結果となる。アビーの計画的な攻撃に、ジェイソンたちは動揺を隠せない。そんな中、数えきれないほどのアビーが興奮した様子で壁のすぐ外まで集まってくる。打開策を見つけるべく、テオとメーガンがマーガレットの脳を調べると、ある衝撃的な事実が判明するのだった。

  • 第7話 逆襲

    アビーの大群がフェンスの外に集まっている。ひとたび街に侵入されたら、人類に勝ち目はないと思われた。マーガレットに知性があると考えたテオは、彼女と意思の疎通を図ろうとする。人類が生き延びるためには、アビーとの対話が必要だと考えたからだ。しかし、アビーを下等な生物と考えるジェイソンは、テオの考えを受け入れようとしない。街の歴史すべてを知るCJは、人類に滅亡の影が忍び寄ってくるのを感じるのだった。

  • 第8話 崩壊への序章

    メーガンを殺したマーガレットが研究所から脱走した。ジェイソンたちが総力を挙げて彼女を追うも、なかなか行方はつかめない。兵士だけの捜索には限界があると考えたザンダーは、捜索に志願した住民に隠し持っていた銃を渡す。そんな中、マーガレットの侵入経路を突き止めるには、ウェイワード・パインズが建設された土地の測量図が必要だと考えたレベッカは、本部にあるジェイソンの部屋に入り込む。

  • 第9話 死の選別

    マーガレットが仲間の元へ戻り、アビーたちが街を襲うのは時間の問題と思われた。ジェイソンはすべての住民を機能停止装置に入れて眠りにつかせることにする。アビーの脅威が去った未来で、再び目覚める計画だった。しかし街の電力不足により、稼働できる装置は住民の半数ほどしかないことが判明する。そんな頃、ふとしたことから、ジェイソンはケリーに関するファイルを目にする。そこには、思いもしないことが記されていた。

  • 第10話 未来へ

    ケリーと揉み合ったはずみで銃弾を受けたジェイソンは、病院に運ばれるも息を引き取る。しかし、すでに住民の選別は完了しており、選ばれた者から本部へ集められていた。表向きは順番に全員を避難させるというものだったが、取り残された住民は、次第に自分たちの置かれた状況を理解し始める。一方、ジェイソンと自らの関係を知ったケリーは、動揺を隠せない。そんな時、テオが密かに立てていた計画に気づき、ある行動に出る。