THIS IS US 36歳、これから

エピソード

【ネタバレ注意】

  • 第1話 「誕生日」

    36歳の誕生日。ハリウッド俳優のケヴィンは年齢にがくぜんとし、精神的危機が訪れる。その双子の妹で減量に悩むケイトには、ユーモラスな男性との出会いが訪れる。ランダルは幼い頃に自分を捨てた父親を捜しあて、会いに行くが、思いもよらぬ展開になる。そしてジャック夫妻は予定日より早い出産に挑むが……。

    誕生日
  • 第2話 「ビッグ・スリー」

    ドラマ降板を宣言したケヴィンだが、思わぬ障壁があることをエージェントから知らされる。ケイトはダイエットのストレスを爆発させてしまう。ランダルの妻ベスは、夫が連れてきた実の父ウィリアムの行動に疑問を持つ。そして3人の子育てに悩むレベッカとジャックには微妙な気持ちのすれ違いが生まれ……。

    ビッグ・スリー
  • 第3話 「秘密」

    ケイトの歌のうまさに感心したトビーは、彼女にあるサプライズを行う。ランダルは実父を見つけたことを母親に告げようと決意する。3人の赤ん坊を病院から家に連れ帰ったジャック夫妻。慣れない育児に翻弄される日々の中、レベッカは養子に迎えた赤ん坊との絆をどうしても感じられず、悩んだ末に思い切った行動に出る。

    秘密
  • 第4話 「プール」

    ジャックはレベッカと子供たちを連れて、暑さを逃れるためプールへ。するとそこで、子供たち3人のそれぞれの悩みが浮き彫りになる。レストランでトビーの前妻に遭遇したケイトは、自分とはまるでタイプの違う彼女に驚き、調べ始める。ランダルの家から散歩に出たウィリアムだが、不審者と間違われて警察に呼び止められてしまう。

    プール
  • 第5話 「スーパーボウルの夜」

    スーパーボウルの日。早く子供の欲しいジャックは、子供を持つことに否定的なレベッカとバーの店内で口論になる。ケヴィンは舞台のオーディションに合格したが、すべてが不安でたまらない。ケヴィンの代わりにスイートルームへ泊まりに行ったランダルは、そこで妻のベスから思いもよらぬことを告げられ……。

    スーパーボウルの夜
  • 第6話 「レッスン」

    ジャックは学校からランダルの転校を勧められるが、息子にとって負担になるのではと悩む。悲しみの演技がうまくいかないケヴィンは、共演女優のオリヴィアに妙な場所へ連れていかれる。新たな仕事を得て張り切るケイト。しかし彼女を採用した雇用主にはどうやら別の意図もあるようで、初日から困った事態に直面する。

    レッスン
  • 第7話 「世界一の洗濯機」

    幼少期からギクシャクした関係が続くケヴィンとランダルの兄弟。普段は平静を装っているが、ある晩2人きりで食事をすることになり、感情をぶつけ合う結果に。一方でケイトはトビーのある行動を発見し、複雑な思いを抱く。また、ウィリアムは長年隠してきた秘密をベスにうっかり漏らしてしまう。

    世界一の洗濯機
  • 第8話 「感謝祭」

    家族みんなで集まって祝う感謝祭を前に、ケイトはトビーに距離を置こうと伝え、ケヴィンはオリヴィアを一緒に祝おうと誘う。ジャック一家は今年もレベッカの実家で感謝祭を過ごす予定だが、母との折り合いが悪いレベッカは何かと落ち着かない。車で出発したものの、途中で運悪くアクシデントに遭ってしまう。

    感謝祭
  • 第9話 「家族旅行」

    父親の存在を長年隠されていたランダルは、母親への怒りが収まらない。そんな中、子供時代の思い出があふれる別荘を母親が売ってしまう予定だと聞き、3人揃って別荘へ。そこにオリヴィアが男性を連れてきたことで、ケヴィンの心は揺れ動く。さらにオリヴィアを気に入らないケイトまでが彼女と衝突する。

    家族旅行
  • 第10話 「クリスマス」

    クリスマス前日、ケイトが虫垂炎になってしまった。一家が病院へ行くと、そこにはK先生が事故で入院していた。手術をしたところで、もう年だから持ちこたえられないと弱気な先生の様子を見て、レベッカは先生についていようと決意する。一方でケヴィンは、スローンに彼氏のフリをしろと言われ、彼女の両親の家へ行く。

    クリスマス
  • 第11話 「戸惑い」

    ジャックとレベッカは引っ越しを決めたが、その後でお腹の子が三つ子であることを知らされる。決めてきた新居は三つ子を育てるには明らかに狭く、階段の上り下りもあって不都合。不安がるレベッカに、ジャックは何とかすると約束するが……。一方、スローンと芝居のリハーサルを続けるケヴィンは、思わぬ選択を迫られる。

    戸惑い
  • 第12話 「小さな奇跡」

    出産が近づき、大きなお腹を抱えてイライラがつのるレベッカ。ジャックに当たりまくり、あげくに家から追い出してしまう。その後で今日がジャックの誕生日だったことに気づいて慌てる。一方、医師のK先生は、長年連れ添った妻を失った痛みに苦しんでいた。妻が生きているかのように振る舞うK先生を、息子夫婦は心配する。

    小さな奇跡
  • 第13話 「愛の告白」

    今まで3人合同で行ってきた誕生日パーティだが、子供たちは今年のパーティをバラバラに開きたいと言い出し、レベッカとジャックを慌てさせる。一方、オリヴィアとスローンの間で悩んでいたケヴィンは、トビーからアドバイスをもらい、ある行動に出る。そしてケイトのダイエットには新たな展開が。

    愛の告白
  • 第14話 「忍び寄る不安」

    親友のミゲル夫妻が離婚することになった。まさかの知らせに、ジャックとレベッカも自分たちの関係を心配し始める。ケヴィンはトビーのアドバイスで最愛の人が前妻ソフィーだと改めて気付く。ヨリを戻そうと思い出の店に彼女を呼びだすが、ソフィーの反応はつれない。一方、ランダルはウィリアムの病状や、それが娘たちに与える影響で不安になる。

    忍び寄る不安
  • 第15話 「ジャックの息子」

    レベッカが家の心配をせずにツアーに行くよう、ジャックは応援するが、内心は気が気でない。バンドメンバーのベンがレベッカを好きなのではと怪しんでいるのだ。一方、ケヴィンは舞台の初日を迎え、不安が最高潮に達する。その頃ランダルもウィリアムの病状や仕事のプレッシャーでストレスが高まっていた。

    ジャックの息子
  • 第16話 「メンフィス」

    ウィリアムは息子のランダルに故郷のメンフィスを見せたいと言う。ベスは退院したてのランダルと病気の義父が心配で仕方ないが、2人を送り出す。こうして父と子の2人旅が始まる。ウィリアムの思い出の地をたどりながら、彼の母親がどんな女性であったか、そして若き日がどんなものであったか、彼は人生のすべてをランダルに伝える。

    メンフィス
  • 第17話 「完璧な一日」

    いよいよレベッカがツアーに出発する日。昔の彼氏がバンドにいることを気にするジャックは、ギクシャクしたまま妻を送り出してしまう。ケイトはそんな両親を見て心配する。一方、ウィリアムの告別式を前にして思い悩むランダル。だがウィリアム自身は、孫娘たちに自分のお別れの会をしてほしいと書き残していた。

    完璧な一日
  • 第18話 「幸運の女神」

    28歳のジャックはベトナム戦争帰りで決まった仕事もなく、父親に嫌味を言われながら実家に住んでいた。早く家を出たいジャックは友人のつてでポーカーに参加するのだが……。同じ頃、レベッカは歌手になる夢を追っていたが、結婚する友人たちから他の道も考えろと言われ、ブラインドデートをすることになる。

    幸運の女神
ページのトップへ▲