THIS IS US 36歳、これから

キャスト&スタッフ

ピアソン家の現在と過去

過去
現在

MAIN CASTS

  • ケヴィン
  • ケヴィン 声:高橋一生

    36歳。独身。テレビのコメディードラマの人気俳優。外見だけの軽い男の役に嫌気がさし、収録中に不満をぶちまけて自ら降板した。役者としての生き方を模索している。

    ジャスティン・ハートリー
    1977年、イリノイ州生まれ。「ヤング・スーパーマン」にアロー役で登場し人気に。その後も「CHUCK/チャック」や「リベンジ」などに出演す。本作のヒットをきっかえに映画出演が続々と決定。

  • ケイト
  • ケイト 声:林りんこ

    36歳。独身。しっかり者だが、自分に自信が持てない。長年、付き人として兄ケヴィンを公私に渡りサポート。“脱肥満”を目標に努力中。

    クリッシー・メッツ
    1980年、フロリダ州生まれ。「アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場」(2014)他に出演するも、代表作はなく、本作でエミー賞にノミネートされる一躍人気女優

  • ランダル
  • ランダル 声:杉村憲司

    36歳。頭脳明せきで真面目。エリートビジネスマンで妻と2人の娘と幸せな家庭を築いている。自分を手放した実父をやっと見つけて再会した。家族への複雑な思いを抱えている。

    スターリング・K・ブラウン
    1976年、ミズリー州生まれ。「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)でエミー賞受賞。さらに本作(2016)でゴールデングローブ賞も受賞。高学歴でも知られる若手注目株。

  • ジャック
  • ジャック 声:宮内敦士

    建設会社勤務。妻レベッカをこよなく愛する。3つ子の父親として、家族を養い幸せにするために頑張っている。ケヴィンとケイトが誕生した日、病院に連れてこられたランダルに運命を感じて養子に迎えた。

    マイロ・ヴィンティミリア
    1977年、カリフォルニア州生まれ。「ギルモア・ガールズ」でメジャーデビューし、「HEROES」で一躍スターに。マシ・オカとの共演がきっかけで日本語を学んでいる。

  • レベッカ
  • レベッカ 声:園崎未恵

    ジャックの妻。3つ子の母親となり、家事に育児に悪戦苦闘中。3人の子どもたちに平等に愛情を注いで育てようと一生懸命。結婚する前は、歌手として活躍していた。

    マンディ・ムーア
    1984年、ニューハンプシャー州生まれ。映画『プリティ・プリンセス』でデビューし『ウォーク・トゥ・リメンバー』などに出演。ダン・フォーゲルマンとは『塔の上のラプンツェル』以来のタッグ。

  • べス(ランダルの妻)
    声:木下紗華

    スーザン・ケレチ・ワトソン
    「リミットレス」「ブラック・リスト」「グッド・ワイフ」ほか

  • ウィリアム(ランダルの実父)
    声:水野龍司

    ロン・セファス・ジョーンズ
    「MR.ROBOT」「ブラックリスト」ほか

  • トビー(ケイトの恋人)
    声:遠藤純一

    クリス・サリヴァン
    「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ジ・アメリカンズ」ほか

  • カタウスキー(産婦人科医)
    声:佐々木省三

    ジェラルド・マクレイニー
    「24-TWENTY FOUR-レガシー」「ハウス・オブ・カード 野望の階段」ほか

STAFF
ダン・フォーゲルマン 企画・製作総指揮

映画『カーズ』(2006) 、『ボルト』(2008)。『塔の上のラプンツェル』(2010)などディズニー・ピクサー作品の脚本を担当し、世界的大ヒットへと導く。実写映画でも『ブラザーサンタ』(2007)や『ラブ・アゲイン』(2011)『ラストベガス』(2013)『Dearダニー 君へのうた』(2015)などで脚本や監督を務める。TVシリーズは「ピッチ 彼女のメジャーリーグ」(2016)に次いで「THIS IS US 36歳、これから」が2作目となる。子供から大人まで幅広く感動させるヒットメーカーとして活躍中。

ページのトップへ▲