ストレイン シーズン3

エピソード

  • 第1話 無敵のニューヨーク

    リージス航空753便がニューヨークに降り立ってから23日が経った。ノーラを失い、一人でザックの帰りを待ち続けるエフ。その事実を知らないフェットとセトラキアンは、マスターを追い詰めようと、それぞれのやり方で動いていた。一方、順調に思われたフェラルド市議の掃討作戦には、ほころびが生じ始めていた。

  • 第2話 白い血

    ケリーと会ったエフはセトラキアンやフェットの元へ向かうが、そこで思いがけぬ人物と遭遇する。一方、「オクシド・ルーメン」の件でマスターを裏切り、体調が悪化しているパーマーは白い血を手に入れようと新たな策略を練っていた。同じ頃、ダッチは昔の仲間と共に食料を手に入れようと高層マンションへ向かっていた。

  • 第3話 宿命

    「オクシド・ルーメン」を盗まれたセトラキアンとフェットは、ザ・ボーンが犯人だとにらみ、その行方を追うことに。そして「ルーメン」を前に苦悩するエフは、ザ・ボーンから意外な事実を聞く。それはザ・ボーンの過去につながるものだった。一方、ストリゴイとなった母親を守り続けるガスの元にはある人物が現れる。

  • 第4話 消えた司令塔

    ボリバルの姿をしたマスターの首をはねたクインランだったが、なぜか伝説と違い、命を落とすことはなかった。勝利を確信して喜ぶフェットをよそに、セトラキアンは不安を拭いきれずにいた。一方、クインランと共に「ルーメン」を盗んだことを白状し、フェットたちの怒りを買ったエフの前には、懐かしい人物が姿を現す。

  • 第5話 狭間

    疫病はアメリカから世界各地へ飛び火し、地球は1つの戦場と化した。生物兵器が使い物にならなくなったと悟ったエフは再びストリゴイの体の仕組みを解明しようとし、フェットはストリゴイの巣の場所を探り出そうとしていた。一方、「ルーメン」を読み解こうとするセトラキアンは、忌まわしい過去を思い出していた。

  • 第6話 大きな賭け

    セントラルパークの地下にストリゴイの巨大な巣があることが判明し、フェラルド市議はフェットの協力を得て大きな賭けに出ることにする。それを知ったエフたちも、ストリゴイの通信方法を研究しようとセントラルパークへ向かう。一方、巣を潰すべく地下に向かったフェットは意外な人物と再会する。

  • 第7話 エジプトからの船

    セントラルパークでの作戦が失敗に終わり落ち込むフェットはセトラキアンを手伝うことにするが、途中である所に立ち寄りたいと申し出る。一方、エフとダッチは、ストリゴイの通信方法を探るために、ある物からヒントを得ようとJFK国際空港へ向かう。そこは全てが始まった場所だった。

  • 第8話 追跡

    セトラキアンとフェットはパーマーから得た情報を元に荷の行方を追う。同じ頃、753便のブラックボックスを手に入れたエフとダッチは、マスターの声を特定するために解析を始めていた。一方、ケガを負ったエンジェルをパーマー財団救済センターに運び込んだガスは、ストリゴイとなった母親への思いを断ち切れずにいた。

  • 第9話 崩れゆく街

    ニューヨークを守り抜こうとするフェラルド市議だったが警官たちの反発に遭い、立場を失ってしまう。同じ頃、ガスとエンジェルは街から脱出してエンジェルの故郷へ向かおうとしていたが、街を出ようとする車の渋滞に行く手を阻まれることに。一方、荷の行方を探るために動き始めたパーマーは糸口をつかもうとしていた。

  • 第10話 邪悪な心

    滅亡の危機にさらされる人類。パーマーに呼び出されたセトラキアンはアイヒホルストが瀕死の重傷だと知る。マスターがストーンハートに姿を現すであろうことを教えられたセトラキアンはマスターを葬る絶好の機会だとフェットたちと新たな作戦を練るが……。同じ頃ケリーとザックの親子もマスターと合流しようとしていた。

ページのトップへ▲